SPECIAL REPORT

遠隔診療の現在地 普及への課題と可能性

事実上の解禁から1年半


  • 2017年1月27日(金)
離れた場所にいる医師と患者を情報通信機器でつなぎ、遠隔で診療する。技術の発達で「遠隔診療」の環境が整い、先進的な医師が導入し始めた。だが、課題も山積しており、遠隔診療の可能性を広げる工夫が必要だ。

この記事は「日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

無料ポイントで読む

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月10本までお読みいただけます。