SPECIAL REPORT

「家賃10年保証します」 甘言で誘う業者の実態

2017年8月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「あなたの土地を放っておいたらもったいない」。ある日、男からアパート経営を勧められる。家賃は保証され、管理の手間もいらない──。「それなら」と、建築を頼んだら……。「うまい話」は世の中に転がっておらず、手を出すならプロと渡り合う経営感覚が求められる。

相続増税やマイナス金利の影響でサブリース物件の建築件数が増えている (写真=早川 俊昭)

 不安な老後の年金代わりになります」「相続税対策にうってつけ」「空室があっても、家賃保証をしますから安心してください」

 そうささやかれて、「それならば」と持っていた土地にアパートを建ててしまったが、思うように入居者が集まらず、頼みの家賃保証も業者から減額されて、苦しい状況に陥る。こんなケースが全国で目立ってきた。奈良県の男性A氏のアパートもその一つだ。

 「父の時からアパート経営はうまくいっていなかった。借金もかさんで、人知れず悩んでいたと思います」

日経ビジネス2017年8月28日号 46~50ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月10本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「SPECIAL REPORT」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ