企業

フロントランナー 小なれど新

ウナギに挑む地域密着企業

エーゼロ|ウナギ養殖・地域での起業支援

2018年6月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

山奥にある小学校跡地で、地元密着ベンチャーがウナギの養殖に乗り出した。林業で出た端材でいけすの水温を保ち、稚魚を放流し、資源と環境に配慮した養殖業を目指す。

(写真=菅野 勝男)
グループの主力は木材加工事業
エーゼロをグループ会社に抱える、地元密着型企業である西粟倉・森の学校は間伐材などの加工事業を主に手がける
体育館育ちのウナギ
飼育期間が通常より長く、一尾ごとのサイズは大きい。かば焼きにすると、肉厚でもっちりとした食感となる(写真=菅野 勝男)

 ニホンウナギは漁獲量が減少、さらに稚魚も国内外で不漁に陥り、国際自然保護連合(IUCN)に絶滅危惧種と区分されている。そんな中、岡山県発の地元密着ベンチャー、エーゼロが持続可能な養殖を目指し、一歩を踏み出している。

日経ビジネス2018年6月4日号 56~57ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「フロントランナー 小なれど新」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ