CULTURE

HEALTH 気になる薄毛対策

薄毛ケア、注意したいポイント

治療はタイミングも重要

2017年12月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 年齢とともに、悩む人が増える薄毛。病気ではないが、「遺伝」や「男性ホルモンが多いから」といった通説もあるが、どこまで正しいのか。最近の治療法や、頭皮のケア法について、皮膚科医の入澤亮吉医師に話を聞いた。

Adviser
医師
入澤 亮吉氏(いりさわ・りょうきち)
東京医科大学皮膚科助教。日本皮膚科学会認定専門医。専門は脱毛症、皮膚腫瘍。

内服薬はタイミングが重要

 薄毛というと、遺伝が理由と考える人は多いのですが、親から子へ確実に遺伝するわけではありません。「男性ホルモンが多いと薄毛になる」というのも、誤りです。

 テレビCMなどで「AGA(進行性男性型脱毛症)」という言葉を耳にしたことがある人も多いと思います。これは、生え際のM型の薄毛や、頭頂部のO型の薄毛を招く症状を指す言葉です。

日経ビジネス2017年12月11日号 114ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月10本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ