時事深層

トランプウオッチ

人事混乱でメディア攻撃が過熱

2017年2月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

政権発足から1カ月が過ぎたが、大統領補佐官の辞任や労働長官候補の指名辞退で逆風強まる。だが、メディアが政権を批判すると「フェイク(嘘の)ニュース」だと徹底的に攻撃する。外交や通商政策でも既存の枠組みにこだわらない姿勢が、周囲を動揺させ続けている。

日経ビジネス2017年2月27日号 19ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ