時事深層

INSIDE STORY

「会長兼CEO」が目立つ理由

ガバナンス軽視の表れか

2018年3月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

現社長が「会長兼CEO」として経営の中心に居続ける人事発表が目立つ。取締役会議長を務める会長も多い。これは、経営を監督する立場の実力者が、事業の執行を進めることにほかならない。欧米で進んでいる経営の監督と執行の分離という、コーポレートガバナンス(企業統治)が軽視されてはいないか。

 今年の新社長人事で、現社長が社長職を後進に譲った後も会長兼CEO(最高経営責任者)となるケースが目立っている。なぜ、こんなケースが増えているのだろう。理由は各社様々だ。

本当に「トップを譲る」と言えるのか?
●最近の主な社長交代発表

日経ビジネス2018年3月19日号 10~11ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ