時事深層

COMPANY

富士通、株主軽視で泥沼化

TOB合戦の裏側

2017年4月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

富士通がジャスダック上場のソレキアを巡って、1人の実業家とTOB合戦を繰り広げている。2月に始まったつばぜり合いは続き、1900円台だったソレキアの株価は5600円に高騰。意義不明なTOBに資金をつぎ込む富士通には、ガバナンス欠如との批判も聞かれる。

日経ビジネス2017年4月24日号 17ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
秋の特別キャンペーンに申し込む
無料ポイントで読む

月2,400円が
最大2ヶ月無料

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月10本までお読みいただけます。

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ