時事深層

INSIDE STORY

パナ抜き去った中国の新星

創業から7年で車載電池最大手に

2018年6月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

パナソニックが車載を中心とする電池事業の売上高を2倍に高める目標を発表した。だが2017年の車載電池世界シェアでは、創業間もない中国CATLに首位の座を奪われた。新興勢力に勝つためには、日米欧大手との連携強化や資源確保など、戦略的な一手が必要だ。

 「野心的な目標だが、本当に実現できるのか……」。複数の電池業界関係者が、パナソニックがぶち上げた増産計画に疑いの目を向けている。

日経ビジネス2018年6月11日号 10~12ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ