時事深層

MARKET

J-REIT買い手不在が鮮明に

分配金は過去最高水準でも……

2018年6月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

全銘柄のおよそ4割が分配金引き上げに踏み切るなど、J-REITの業績が一見、好調だ。しかし、東証REIT指数は1700ポイント前後での推移が続き、どうも動きがさえない。REITに組み込む物件は買いにくくなっており、天井感と先行きの危うさばかりがちらつく。

 幅広い投資家から資金を集めて不動産を購入し、その賃料収入や売却益を投資家に分配する日本の不動産投資信託(J-REIT)の業績が好調だ。

日経ビジネス2018年6月25日号 17ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ