時事深層

POLICY

ソニー平井氏の「23億円」含み益

株価は在任中に3倍増

2018年7月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ソニーは2018年3月期、社長兼CEOだった平井一夫氏に約27億円の役員報酬を支払った。これだけでも巨額に見えるが、ストックオプションを考えればさらに膨れ上がる。株式ではなく金銭による「基本報酬」を重視してきた日本の報酬体系に一石を投じた。

外国人経営者5人がランクイン
●2018年3月期決算企業の役員報酬トップ10
出所:東京商工リサーチ調べ、敬称略

 2018年3月期に最も“稼いだ”日本企業の経営者はソニーの平井一夫会長(同期は社長兼CEO=最高経営責任者)だった。武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長ら名だたる外国人経営者を抑え、約27億円の役員報酬を受け取った。

日経ビジネス2018年7月16日号 13ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ