時事深層

POLICY

また負担増、苦境深まる健保組合

介護保険「総報酬割」導入が直撃

2017年10月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

介護保険料の負担に導入された「総報酬割」で、企業の健康保険組合の財政が一段と悪化している。賃金の高い企業ほど労使双方の保険料が増え、中小では国庫からの補助が削減された。高齢化による医療費給付も増えており、保険料率引き上げや健保組合解散の動きが広がる可能性がある。

介護保険も新制度により
サラリーマンの負担増に
●健康保険組合の平均介護保険料率と1人当たり介護納付額の推移
注:介護納付額は保険料と積立金繰入額の合計
出所:健康保険組合連合会の資料を基に本誌作成

 「新制度の導入に備えて、昨年春から健保の介護保険料率を1.9%と以前より0.1%引き上げた。その前年にも上げたばかりだったが、新たな負担が増えたので、仕方なく……」

 リクルート健康保険組合の青山尚弘・常務理事は厳しい表情でそう語る。今、介護保険料率の引き上げに動く健保組合が増えている。健康保険組合連合会のまとめによると、2017年度(予算)に、前期より引き上げた健保組合はリクルートを含めて410に上った。

日経ビジネス2017年10月9日号 17ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
秋の特別キャンペーンに申し込む
無料ポイントで読む

月2,400円が
最大2ヶ月無料

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月10本までお読みいただけます。

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ