時事深層

2018年 経済の読み方

あなどれない北朝鮮リスク

熊谷亮丸氏 大和総研チーフエコノミスト

2018年1月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

> 2018年 経済の読み方 トップ

(写真=的野 弘路)

 問 日本の景気拡大は戦後2番目の長さとなりました。2018年も持続しますか。

 答 穏やかな拡大が続くと見ている。実質GDP(国内総生産)は18年度ベースで1.1%増と17年度に比べ0.7ポイント下がるが、堅調な水準が続くだろう。世界経済の成長にけん引され、輸出主導型の日本経済も好調を維持するというのがメーンシナリオだ。

 利上げに向かう米国も依然として経済は拡大基調にある。中国は過剰な設備投資や融資などの問題を抱えるが、財政出動などカンフル剤を打って景気を支えている。

日経ビジネス2018年1月8日号 16ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ