特集 ダイソンが見たEV大競争

PART 2

ダイソンが見たEV大競争

試作と検証を高速回転 クレイジーな発想を形に

ダイソンの流儀

2018年1月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

EV参入を宣言したジェームズ・ダイソン氏。その開発手法とはどのようなものか。掃除機など成熟した分野でイノベーションを起こしてきた独自プロセスを解き明かす。

(写真=永川 智子)
組織 ジェームズ・ダイソンの頭の中を再現

 英ロンドンから西へクルマで約2時間。羊の放牧風景が広がる地方の小都市マルムズベリーに、英ダイソンの本社はある。敷地内の歩道の脇には、垂直離着陸戦闘機「ハリアー」や真っ二つに切断された小型車「ローバーミニ」などが無造作に置かれている。どれも、ジェームズ・ダイソン氏が機能美にほれ込んだ製品の数々だ。

 サイクロン掃除機を発明したダイソン氏が同社を創業したのは1993年。以来、大きな技術革新は起きないと思われていた、扇風機やヘアドライヤーなどの成熟した分野で、世間を驚かせる製品を生み出してきた。製品ラインアップの拡大とEV(電気自動車)への参入準備で、本社従業員の数は過去5年間で4倍以上に増えて現在約8000人。3分の1はエンジニアや科学者だ。

 「僕らのスローガンは“Solving the problems others ignore(他者が無視する課題を解く)”。お題目だけのスローガンを掲げる会社が多い中で、ダイソンは心底、実行している」。2013年に新卒で入社したエンジニアのフレッド・ハウ氏は、そう話す。「入社直後の23歳の若手が出したアイデアでも、3万ポンド(約450万円)もかかる試作をすぐに認めてくれた」と、当時の驚きを今も覚えている。シンガポールでモーターエンジニアリングを担当するマネジャーのイボンヌ・タン氏は「ここはエンジニアの理想郷」とまで言う。

日経ビジネス2018年1月15日号 32~37ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「ダイソンが見たEV大競争」の目次

日経ビジネスDigitalトップページへ