特集 見えてきたクルマの未来

PART 4

頭脳争奪は前哨戦 小さな一歩を踏み出せ

中国が始めた21世紀の「アポロ計画」

2018年2月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

バイドゥは上海で開催された「CESアジア2017」でアポロの自動運転の試作車を展示 (写真=Imaginechina)

 前人未到の有人月面着陸を目指し、米航空宇宙局(NASA)が1960年代に進めた「アポロ計画」。この歴史的偉業と全く同名の自動運転プロジェクトが、米国ではなく中国で着々と進んでいる。推進するのは中国のインターネット検索最大手、百度(バイドゥ)だ。

 「新アポロ計画」がスタートしたのは昨年7月。当初から米フォード・モーターや独ダイムラーなどの完成車、独ボッシュと独コンチネンタルなどの部品大手、半導体では米インテルや米エヌビディアなど50社が名を連ねた。もちろん中国自動車大手も参画する。目標は2020年までの完全自動運転の実用化。発足から半年で、世界の約1700社が参画したとされ、自動運転開発の巨大勢力を形成している。

日経ビジネス2018年2月12日号 38~39ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 見えてきたクルマの未来」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ