3・11 7年が生んだ未来

prologue

「原発、廃炉 の壁高し」

巨大電力 VS 個人発電所

2018年3月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

原発の爆発事故と相次ぐ失態──。福島の住民は東電に不信を深める。一方、「ひとり電力」が人々を引きつけ始めた。

原発事故から間もなく7年を迎える福島第1原子力発電所を視察する記者たち。敷地の95%が軽装備で活動できるようになったが、燃料デブリなどの最終処分の方法は宙に浮いたままだ

 2年ぶりに、福島第1原子力発電所に入ることになった。

 1月末、粉雪が舞うJR常磐線富岡駅(福島県富岡町)に降り立つ。原発から9kmほど南に位置する駅は、昨秋ようやく営業が再開した。同町の東京電力ホールディングスの拠点から、記者たちを乗せたバスが、福島第1原発を目指して国道6号線を北上していく。

 富岡町はわずかだが生活が戻った様子がうかがえる。だが、原発に近づくと人の気配は消え、大熊町に入ると雑草に覆われた大地が広がっていく。

 福島第1原発の敷地にバスが到着する。入り口で免許証と指紋を登録。そして、ヘルメットと防塵マスク、ベストと線量計が配られる。

日経ビジネス2018年3月5日号 24~27ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「3・11 7年が生んだ未来」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ