特集 日本電産 真の働き方改革

PART1

働き方改革は競争力

なぜカリスマ経営者は「変心」したのか

2018年3月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ハードワークで知られる日本電産の永守重信社長が「変心」した。「2020年度までに残業ゼロ実現」を掲げ、働き方改革の旗を振っている。目的は生産性倍増。単なる残業削減ではなく、グローバル競争での勝ち筋に結びつける。

2003年、創業30周年で建設した新本社ビル。京都市内で最高の高さにこだわった

 「今年は45年ぶりに正月三が日、一度も会社に来なかったよ」

 日本電産の永守重信会長兼社長CEO(最高経営責任者)がこう言って苦笑する。永守社長と言えば、1973年7月に日本電産を創業し、世界一のモーターメーカーに育て上げたカリスマ経営者として知られる。

日経ビジネス2018年4月2日号 30~31ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 日本電産 真の働き方改革」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ