特集 ポストアメーバ

INTERVIEW

社長の仕事は楽になった

関家一馬氏 ディスコ社長兼CEO(最高経営責任者)編集長インタビュー

2018年6月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

社内通貨、対戦式のカイゼン活動、社員から投資を募る仕組み──。唯一無二のディスコ流経営手法を編み出し、進化させてきた。狙いは社員に「考えさせる」こと。考える集団が会社を強くする。

(聞き手は 本誌編集長 東 昌樹)

(写真=竹井 俊晴)
PROFILE
[せきや・かずま]1966年生まれ。88年慶応義塾大学理工学部卒。米国留学を経て89年ディスコ入社。92年、技術本部で主力装置の小型化などのプロジェクトを率いる。94年技術開発部長、95年取締役、2002年常務、09年社長兼COO(最高執行責任者)、17年6月から現職。創業者の関家三男氏は祖父。東京都出身。

日経ビジネス2018年6月11日号 40~43ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 ポストアメーバ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ