2016年6月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

M&A(合併・買収)を繰り返し、たばこ世界第3位となった日本たばこ産業(JT)。堅調な業績が評価され、株価は5年で3倍になり、今年は3つ目の大型買収も実施した。だが、たばこは健康を害するとして規制が強化され、業績には変調の兆しが見える。日本を含む先進国では、電子たばこが台頭し、新たな脅威になりつつある。急速に変わり始めた市場環境に、経営陣は危機感を募らす。完全民営化というゴールがありながら、いまだに株式の3分の1を政府が保有する矛盾もある。それでも、グローバル市場で成長の限界に挑むJTの姿は、多くの企業の未来に重なる。「我々とは何者か」──。30年後を見据えた自分探しの旅が始まった。

日経ビジネス2016年6月13日号 28~29ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月10本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 JT かすむ未来図」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ