特集 デジタル ドイツ

PART 3

自動車産業の破壊と創造

ディーゼル不正問題で加速

2017年8月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ディーゼル規制導入の機運が高まり、ドイツの自動車産業を支えてきた事業構造の破壊が進んでいる。一方で、デジタル技術を生かしたサービスなどで、したたかに新産業を創造する動きも加速している。

ダイムラー本社などがあるシュツットガルト市。ディーゼル車規制の導入機運が高まっている(写真=永川 智子)

 自動車産業発祥の地、ドイツ南西部のシュツットガルト市が揺れている。7月28日、同市の行政裁判所は、環境団体が求めていた市内へのディーゼル車乗り入れ規制を認める判決を下した。自動車メーカーの環境対応が不十分だと市が判断した場合、2018年1月にも施行される。

空気汚染問題に対応し、市民に多様な移動手段の利用を呼びかけるパンフレット

 1880年代にゴットリープ・ダイムラーが世界初の内燃エンジンを搭載した4輪自動車を発明したシュツットガルトには、ダイムラーやポルシェ、自動車部品のボッシュなどが本社を構える。自動車産業は130年以上にわたって市の繁栄を支えてきたが、近年は排気ガスが大きな社会問題に浮上。健康被害を訴える市民が増え、規制を求める声が強まっていた。同市があるバーデン=ヴュルテンべルク州のヴィンフリード・ヘルマン交通相は「(今回の判決は)効果的な対策をしてこなかった自動車業界の自業自得だ」と言う。

日経ビジネス2017年8月21日号 36~39ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
秋の特別キャンペーンに申し込む
無料ポイントで読む

月2,400円が
最大2ヶ月無料

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月10本までお読みいただけます。

「特集 デジタル ドイツ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ