特集 トヨタは変わったか?

PART1

私の「トヨタ論」

身近だから見える

2017年10月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

マツダや米エヌビディアなど、新たな仲間を増やすトヨタ自動車。旧来の取引メーカーとの関係強化も忘れない。まずは、トヨタが身近な存在だからこそ語れる私の「トヨタ論」。

走りの2社が激白
001
マツダ 小飼雅道 社長兼CEO(最高経営責任者)
一気通貫のものづくりへの転換
8月に資本・業務提携、両社とデンソーでEV開発新会社を設立(写真=上内 かなえ)

 恥ずかしいんですがね、私の生まれ故郷の長野県茅野市に聖光寺というお寺があって、7~8年前、まだ生きていた母親を連れて兄夫婦と桜を見に行きました。トヨタさんと一緒に仕事をするようになって初めて知ったのですが、そこはトヨタさんと関係会社が1970年に創設した交通安全のお寺でした。地元の人ですらそのことをほとんど知らない。トヨタさんは謙虚でひけらかさないけれど、いつも人々の安全を願っている。そんな会社だからこそ一緒に仕事をしていけると思ったのです。

 10月2日に資本業務提携の手続きが完了しました。身の引き締まる思いですが、楽しみでもあります。

 EV(電気自動車)開発の新会社では、それぞれが育ててきた手法を持ち寄ります。我々が提供するのは、5~10年先のモデルを全車種一括で、部品メーカーと議論しながら企画する「一括企画」と、コンピューターによるシミュレーションを活用して試作回数を減らす「モデルベース開発」の手法です。一方のトヨタさんは、(部品や車体を共通化して効率を高める)「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を提供します。互いの財産を持ち寄ることで、新しいものが生まれるでしょう。

 両社の開発者はすでに交流を始めていますが、トヨタの方々は常に謙虚で、新しい技術や知識に対して貪欲。その姿勢はうちの社員も学ばなければいけないと思っています。「トヨタは変わったか」と聞かれても、この点は昔から変わっていないと思います。

 豊田章男社長は非常にシンプルな思考をされる方です。いいクルマを作ろうよ。そのために会社の垣根を越えて良い部分はお互い謙虚に認め合おうよ。日本のものづくり力を結集して、より良い商品をお客様にお届けしようとしているだけなのです。

 章男社長はカンパニー制や社内ベンチャー制を導入して、会社を変えようとしています。組織を小さくすることで決断のスピードを速め、目的を明確にする。商品企画から開発、生産、販売まで一気通貫のものづくりができるようにする。当社もそうですが、一気通貫のものづくりの実現は、全ての自動車メーカーの喫緊の課題なのです。

 新しいものは多部門の人が集まることで生まれます。当社では、そんな事例が出てきています。お客様から好評を頂いているカラー「ソウルレッド」も、開発と生産が一体となって生まれました。トヨタさんとの協業でも、そんな成果を出せればいいですね。

日経ビジネス2017年10月16日号 26~31ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
秋の特別キャンペーンに申し込む
無料ポイントで読む

月2,400円が
最大2ヶ月無料

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月10本までお読みいただけます。

「特集 トヨタは変わったか?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ