特集 トヨタは変わったか?

PART3

「常に時流に先んずべし」

海図なき航海でも

2017年10月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

PART2まで見てきた100人の「トヨタ論」。だが、誰もが明確に口にできないことがある。結局、トヨタはどこに向かおうとしているのか。創業家が記した「綱領」にヒントはあった。

 「豊田章男社長率いるトヨタ自動車は、系列をしっかり育てて団体戦をする家族主義。片や(会長のカルロス・)ゴーンさん率いる日産自動車は、系列を解体して、その都度、ベストなものを選択していく市場主義。ウチはトヨタさんの系列ではないけれど、トヨタさんとの方が仕事はしやすいですね」

 ある部品メーカーの幹部は、トヨタと日産の部品調達姿勢の違いを明かす。

 寄らば大樹の陰。トヨタは頼りになる存在だが、もちろん甘くはない。別の部品メーカーの幹部は打ち明ける。

日経ビジネス2017年10月16日号 38~41ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月10本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 トヨタは変わったか?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ