特集 働き方革命2.0

DATA編

「正社員」の限界が浮き彫りに

繰り返した電通事件の悲劇

2016年10月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

電通の新入社員、高橋まつりさん(当時24歳)が自ら死を選んだのは、昨年12月25日だった。11月上旬にうつ病を発症する前の、1カ月間の時間外労働は過労死ラインの月間80時間を超える約105時間で、長時間労働が原因として労災認定された。

日経ビジネス2016年10月17日号 32~33ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 働き方革命2.0」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ