特集 コンビニ大試練

PART 2

コンビニ大試練

コンビニは革新者だった

共同配送、POSシステム、自前の銀行設立

2017年10月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

古い商慣習を打ち破り、消費者が本当に欲しているモノやサービスを生み出す─。小売りの革新者として成長してきた歴史を持つコンビニ。そのDNAを維持できるか。

 「氷もありがたいんだけど、卵や牛乳、パンなんかも売ってくれたら、もっと便利になるんだけどなあ」

 コンビニの歴史は1927年、この一言で始まった。場所は米テキサス。長時間営業で地域の支持を集めていた「街の氷屋さん」に対して、客が何気なく漏らした言葉だった。同店を運営していたのがサウスランド・アイス社。後にセブン&アイ・ホールディングスの子会社となる米セブン-イレブンの源流企業だ。サウスランド社はすぐに客の要望を受け入れ、商品の取り扱いを広げた。後に日本の隅々に広がる「便利なお店」が誕生した瞬間だった。

日経ビジネス2017年10月30日号 34~37ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月10本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「コンビニ大試練」の目次

日経ビジネスDigitalトップページへ