2017年11月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

情報ネットワークの拡大、消費者の権利意識拡大、グローバル化による新手の競合出現……。企業を取り巻く環境の変化に伴い、ここ10年、経営層の「頭痛のタネ」が急増している。企業を脅かす新たな経営リスクは以下の通り。
①無責任な取引先
②事実無根のネットの悪評
③しつこいモンスター顧客
④当局の理不尽な見解
⑤利益を奪う海外の模倣企業
⑥悪意と知識を持つ問題社員
いずれも、甘く見るとたちまち会社に暗雲が垂れ込める厄介な相手ばかりだ。「日本は法治国家なのだから、いざとなれば訴えればいい」。そう考える人もいるだろう。だが、この国の裁判は、必ずしも新しい経営リスク向けに設計されていない。「電脳時代」および「権利過剰時代」の法律知識と有効策を取材した。

(吉岡 陽、西 雄大、長江 優子、広田 望)

CONTENTS

日経ビジネス2017年11月6日号 22~23ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 それは訴えてもムダ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ