特集 英語公用化の虚実 TOEIC500点で生き残れるか

PART 2

英語偏重の副作用 先達に見る8つの教訓

楽天、ユニクロはどうなった?

2017年12月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「英語公用語化」で先陣を切った、楽天とユニクロを展開するファーストリテイリング。現場の実態にそぐわない社員の英語力底上げの施策には、様々な不満の声が上がる。英語偏重による副作用は多くの企業で起きる可能性があり、先達の教訓に学ぶ必要がある。

1 職場の雰囲気が悪化
(写真=炎:sankai/Getty Images)

 TOEIC800点の取得は義務、未達成なら給与カット、朝礼で成績が悪い部署を公表──。

英語公用語化のブームのきっかけを作った楽天。しかし、海外事業は撤退が相次ぐ(写真=AP/アフロ)

 2010年にいち早く英語公用語化を宣言した楽天は、急進的な英語推進策を実施してきた。公用語の制度設計を担い、現在は英語教育ビジネスを統括する葛城崇・教育事業部ジェネラルマネージャーは「楽天のグローバル企業としてのブランドが世界に浸透した」と公用語化のメリットに胸を張る。国内本社は既に2割が外国人。エンジニアに限っていえば5割だ。「中国やインドの有名大学から優秀な人材を新卒採用できるようになったのが最大の成果」(葛城氏)だという。

日経ビジネス2017年12月4日号 28~31ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月10本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 英語公用化の虚実 TOEIC500点で生き残れるか」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ