特集 英語公用化の虚実 TOEIC500点で生き残れるか

PART 3

英語公用化の虚実

脱・TOEIC至上主義 本当に使える英語術

こうすればうまくいく?

2017年12月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「たかが英語に人や企業が振り回されてどうする?」と言う人は多い。だが今後、国内マーケットが縮小する中、英語の必要性は増しそうだ。どうすれば仕事で役立つ英語が確実に身に付くのか。

日経ビジネス2017年12月4日号 32~37ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月10本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「英語公用化の虚実」の目次

日経ビジネスDigitalトップページへ