特集 2018年 大予測

PART1 紅白予測合戦七番勝負

03 2018年の「世界経済」は? 「スターエコノミスト」対決

竹中平蔵 × 白井さゆり

2017年12月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 小泉政権時代に日本経済の「聖域なき構造改革」を断行した竹中平蔵氏。経済を成長させる上昇気流とその背後でうごめく嵐を知る同氏が、元経済財政担当相として、経済学者として2018年の風向きを読む。

聖域なき構造改革者
東洋大教授・慶応大名誉教授
竹中平蔵(66歳)
米英に吹く経済成長の風 日本と中国で嵐の予感
(写真=稲垣 純也)

 私は経済に影響を及ぼす事象を“偏西風”と“乱気流”に例えています。2018年はその偏西風と乱気流の両方が17年より強く吹くでしょう。風は世界中で吹きますが、注目は米国、英国、中国、そして日本です。

 吹き続ける偏西風とは経済成長のこと。今はAI(人工知能)やFintechなどの第4次産業革命による成長です。18年に偏西風をつかんで飛躍が予想される注目の国は、米国と英国です。米国は多くのベンチャー企業が登場しているように勢いがあり、18年もその成長は続くでしょう。

日経ビジネス2017年12月11日号 30~31ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 2018年 大予測」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ