特集 2018年 大予測

PART 2 2018年破天荒予測

04 「コストアップ」できる企業に勝機

筑水キャニコム会長 包行 均

2017年12月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「草刈り機まさお」など独自のネーミングセンスで異彩を放つ農業機械メーカー、筑水キャニコム。福岡県うきは市から世界46カ国に製品を輸出する国際派でもある「中小企業の星」が展望する2018年は?

名付けの魔術師
筑水キャニコム会長
包行 均(68歳)
(写真=諸石 信)

 2017年に、「川の中専用掃除ロボット『川中みゆき』の時代が来る」と予測したけど、的中しちゃったね。「異常気象で鉄砲水対策が急務に→川の中を掃除するロボットが必要→みゆきの出番」っていう意味だったんだけど。まあ、当たらない方がいい予測だよね。けど、18年も災害は続きます。国はインフラ強靭化に対応してないもん。

 「川中みゆき」は、今の2~3トンクラスの農機とは違う5~10トンとかの大型商品。まだちょっと時間かかるけど、着々と完成に近づいています。

日経ビジネス2017年12月11日号 46ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 2018年 大予測」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ