特集 2018年 大予測

PART 2 2018年破天荒予測

06 「飲めや歌えやの企業」が勝つ

エステー会長 鈴木 喬

2017年12月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 全社の反対を押し切って開発した「消臭ポット」が大ヒットし、トップダウン型の経営で有名なエステーの鈴木喬氏。ユニークな商品を生み出す破天荒社長は未来に警鐘を鳴らす。

ミスター消臭力
エステー会長
鈴木 喬(82歳)
(写真=的野 弘路)

 このごろは銀座や原宿に行くと、景気がいいなと感じます。インバウンドの人はたくさんいて、ホテルの予約も取りにくくなりました。特に注目しているのは東海道新幹線のグリーン車の混み具合です。お金に余裕がある日本人が増え、混み始めてきましたね。高級フレンチレストランは満員で予約が取りにくくなっています。

 ただ、景気がいいのはこの辺までと思いますよ。好景気の最後は株式が急ピッチで上がります。だから2018年の株価はぐーんと上がり、3万円を目指す。そして、それが最後の晩餐のようになると思います。

日経ビジネス2017年12月11日号 48ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 2018年 大予測」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ