特集 2018年 大予測

PART 4

2018年は、何が起きてもおかしくない

世界で始まる宇宙移民計画

2017年12月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 楽観論から悲観論まで様々な予測が飛び交った「2018年大予測」。多くの予想家に共通するのは「従来の延長上にはない変化が18年から始まる」という点だ。技術革新に伴う大変革を混乱と捉えるかチャンスと見るかで、企業と個人の未来は変わる。

宇宙国家の中では独自の通貨が流通。暦も言語もいずれは新たに作ることを検討する(画像=James Vaughan)

 冷戦終了後、核の不拡散が進展したかに思われたが、2018年を迎える今、再び人類は核戦争のリスクに直面している。戦争にならずとも、核兵器が独裁者やテロリストの手に渡れば、地球と人類は存亡の機に立たされること必至だ。

 このままでは18年は絶望の始まりの年になりかねない。どうすべきか。地球が崩壊するなら、宇宙に逃げるしかない。

人類初の宇宙国家の建設をぶち上げたロシアの科学者、イーゴリ・アシュルベイリ博士。2018年から布石を打つ(写真=Milena Perdrie)

 「宇宙空間に国を造る」──。現実に、そんな構想を真剣にぶち上げている専門家がいる。ロシアの科学者、実業家で軍需企業アルマズ・アンテイの元CEO(最高経営責任者)、イーゴリ・アシュルベイリ博士だ。

日経ビジネス2017年12月11日号 58~61ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 2018年 大予測」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ