• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中山 祐次郎(なかやま・ゆうじろう)

外科医

中山 祐次郎

1980年生まれ。聖光学院高等学校を卒業後、2浪を経て、鹿児島大学医学部医学科を卒業。その後、都立駒込病院外科初期・後期研修医を修了。現在は福島県広野町の高野病院の院長として勤務。資格は消化器外科専門医、外科専門医、がん治療認定医、感染管理医師など。モットーは「いつ死んでも後悔するように生きる」。Yahoo!ニュース個人連載では2015年12月、2016年8月に月間Most Valuable Article賞を受賞。

◇主な著書
幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと~若き外科医が見つめた『いのち』の現場三百六十五日~』(幻冬舎) 2016

◇関連リンク
Facebook
Twitter
Yahoo!ニュース

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 皆様、はじめまして。私は外科医の中山祐次郎と申します。今回から日経ビジネスオンラインで連載を始めさせていただきます。執筆陣の中で医師は私だけだそうですので、私にしかできないような医師の本音を書いていきたいと思っています。これまではYahoo!ニュースをメインに記事をほぼ毎週書いていましたが、こちらでも書かせていただく機会を頂戴いたしました。若造ではございますが、よろしくお願いいたします。
 さて、2016年2月から私、10年間住んだ東京を離れ福島県に移住します。勤める病院は福島第一原発から20kmの病院。昨年末、この病院をたった一人で診療していた「超人」と呼ばれた院長が火事でお亡くなりに。「超人」院長は、もともと精神科のドクターでしたが内科でもなんでも診ていたそうで、ご自身で専門は「人間科」とおっしゃっていました。
 80歳を超えてなお白衣をまとい、100人以上の入院患者さんを診て、外来診療もやり、救急車も受け入れていたそうです。いやはや、これは本当に「超人」です。
 年末の火事のニュースを見た私は、ただ「大変だなあ」と思っていました。「支援する会」が立ち上がり、何か支援したいなとぼんやりとホームページを見ていたら、「あれ、私が行けばいいのでは?」と思い立ち、その日に支援する会の代表に連絡。翌日には職場の上司に許可を得て、その次の日に病院を訪問し、赴任を決めました。
 初めての福島県。初めての院長。明るくいきたいと思います。

一介の外科医、日々是絶筆

医師が解説、渡瀬恒彦氏を襲った「胆のうがん」

2017年3月24日(金)

 これまでの2回は、私が2017年2月から院長として赴任している福島原発近くの高野病院のお話をしてきました。今回は、前半に高野病院のお話の続きを、後半に3月14日に亡くなられた俳優の渡瀬恒彦さんが闘っていた「胆のうがん」について、医師の立場(実は私、がんが専門です)から解説します。

早朝の病院は人影もなく、仕事に集中できる

 私が高野病院に赴任して早50日が経ちました。4月から福島県内の別の病院へ外科医として行くことになっているので、あと1週間ほどの院長生活になります。

 病院の経営を良くするために私がこれまでに実施したミッションは次の2つです。

1.外来再開を広報することで患者さんを増やす
2.入院患者さんの内服薬を減らして業務効率化を図る

 病院の経営が一般的な会社経営と異なるのは、保険診療(公的医療保険制度が適用される診療)をしている限り、特定の診療1件当たりの収入が日本全国どこでやっても同じになるということです。新聞などで「診療報酬改定」の文字を見たことのある方も多いと思いますが、この報酬は2年に1度、改定されます。

 要するに病院での診療行為は、全て「1回いくら」と値段(点数と言います)が決められており、それに従って患者さんからお代をいただくわけです。多くの患者さんが病院の窓口で支払うのは、治療費のおよそ3割。値引き分(残りの約7割)は、健康保険組合などの保険者が後で病院に支払います。

高野病院の外来再開をテレビで広報

 この値段(点数)を決めるのが診療報酬改定です。我々医者は、これが「マイナスになった」「プラスになった」「外科手術の点数だけ上がった」などと一喜一憂するわけです。もちろん、医者の収入に直接、影響するわけではないのですが……。

 私自身は高野病院の経営に直接タッチしているわけではないのですが、私がたくさん働いて病院の収入を増やせば病院の業績は改善します。ここで少しでも寄与したいと既述の2ミッションを実施したのです。

 まず、「外来再開を広報することで患者さんを増やす」。これは多数のメディアに露出することで実現しました。

 私は複数のオンライン媒体に記事を書いていますが、病院に来る患者さん層に広くアプローチしようと思うと最も影響力が大きいのは新聞とテレビです。幸い、院長就任当初は、地元テレビ局のニュース番組やテレビ朝日の「報道ステーション」で、さらに3.11の直前には、日本テレビの「ミヤネ屋」や「NEWS ZERO」といった高視聴率番組で取り上げてもらいました。

後輩医師が「先生見ましたよ」と送ってくれた「NEWS ZERO」のテレビ画面。美人のキャスターさんが病院に来てくれたが、私にインタビュー中、なぜか相当緊張しておられた

 おかげで高野病院が外来を再開していることを多くの方に知ってもらえ、「テレビで見たよ。外来やっでるっで言っでだがら」と受診に来てもらうことができました。

 この活動はコストもほぼゼロだったので、とてもありがたかったです。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧