中山 祐次郎

中山 祐次郎

外科医

最近のトピックス
 皆様、はじめまして。私は外科医の中山祐次郎と申します。今回から日経ビジネスオンラインで連載を始めさせていただきます。執筆陣の中で医師は私だけだそうですので、私にしかできないような医師の本音を書いていきたいと思っています。これまではYahoo!ニュースをメインに記事をほぼ毎週書いていましたが、こちらでも書かせていただく機会を頂戴いたしました。若造ではございますが、よろしくお願いいたします。

一介の外科医、日々是絶筆 座間事件容疑者、「限りなく普通の人」の可能性

第18回 医者の目から見た4つの違和感

  • 2017年11月14日(火)

 こんにちは、総合南東北病院外科の中山祐次郎です。

 私の住む福島県では日に日に冬が近づいています。朝7時ごろに家を出ると吐く息は白く、通勤用の車には霜が降りるようになりました。こちらではそろそろ車のタイヤをスタッドレスに換えなければならないそうです。東京から新幹線で80分しかかからないのに、気候はぜんぜん違うものですね。

 さて今回は、ほぼ連日新聞やテレビで報道されている「座間9遺体事件」について医師の視点から分析し、さらには27歳の容疑者とそれほど歳が離れていない立場から現代の若者の闇を見つめてみたいと思います。

 この事件についてご存知ない方はいないでしょうが、念のため簡単におさらいします。事件現場は神奈川県座間市のあるアパート。警視庁は、「10月下旬に行方不明になった東京都八王子市の女性(23)を捜索していた際に白石容疑者のアパートを訪問。玄関にあったクーラーボックスから2人分の頭部が見つかり、事件が発覚」(日本経済新聞の記事より)したのです。そして女性8体、男性1体の遺体が発見されました。

(写真:AFP/アフロ)

    著者プロフィール

    中山 祐次郎

    中山 祐次郎(なかやま・ゆうじろう)

    外科医

    1980年生まれ。聖光学院高等学校を卒業後、2浪を経て、鹿児島大学医学部医学科を卒業。その後、都立駒込病院外科初期・後期研修医を修了。2017年2~3月は福島県広野町の高野病院院長、現在は郡山市の総合南東北病院で外科医長として勤務。資格は消化器外科専門医、外科専門医、がん治療認定医、感染管理医師など。モットーは「いつ死んでも後悔するように生きる」。Yahoo!ニュース個人連載では2015年12月、2016年8月に月間Most Valuable Article賞を受賞。

    アクセスランキング