• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

小林 至(こばやし・いたる)

江戸川大学 教授

小林 至

1968年1月30日生まれ。神奈川県出身。92年、千葉ロッテマリーンズにドラフト8位で入団。史上3人目の東大卒プロ野球選手となる。93年退団。翌年から2000年まで、7年間、アメリカに在住。96年に、コロンビア大学で経営学修士号(MBA)を取得。01年、参議院選挙に東京選挙区から立候補(落選)。02年より江戸川大学助教授(06年から教授)。05年から福岡ソフトバンクホークス取締役を兼任。連盟担当、営業担当、IT戦略担当などを歴任したのち、10年からは、フロント実務の責任者として、チームづくりに携わる。14年限りで退団。
専門はスポーツ経営学。スタジアム・アリーナ推進官民連携協議会(スポーツ庁が主管)の幹事、サイバー大学客員教授、福岡大学非常勤講師なども務める。近著『スポーツの経済学』(PHP)など著書、論文多数。家族は妻と2男1女。

◇主な著書
スポーツの経済学』(PHP研究所) 2015

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

小林至「スポーツ経済学ゼミ」

大学スポーツを成長市場に! 日本版NCAA創設へ

2017年3月21日(火)

 安倍政権は2016年の夏、閣議決定した成長戦略「日本再興戦略2016」において、スポーツを新たな有望成長市場に位置付け、スポーツ市場の規模を2015年時の推計5.5兆円から、2025年に15兆円にするという数値目標を掲げました。

我が国において屈指のスポーツイベントである箱根駅伝の主催者は、関東学生陸上競技連盟という任意団体。この点から、日本の大学スポーツ界はこれまでビジネス化に関心がなかったことがよく分かる。(写真:日本スポーツプレス協会/アフロスポーツ)

 そのなかの柱の一つに挙げられているのが大学スポーツの活性化です。実は私、政府の審議会「大学スポーツの振興に関する検討会議タスクフォース」(以下、タスクフォース)に座長として関わっておりまして、歴史と伝統に裏打ちされた大学スポーツの高い潜在能力をあらためて実感しているところです。

 日本ではオリンピアンの3分の2が大学スポーツ出身者で占められるなど、わが国のスポーツの発展や競技力の向上に大きな役割を果たしてきました。また、箱根駅伝や東京六大学野球、ラグビー対抗戦など、歴史と伝統に彩られ、広く認知された大会もあります。

 このように、産業化しようと思えば、そうするための材料は沢山あるものの、これまでは学生スポーツをビジネスにしようという機運はほとんどなく、部活動に留まっていました。「学生スポーツって、そういうものだろう」と言われれば、「まあそういうものかなあ」という気もします。実際、これまではそうやってきたのですが、ここに来て「なんとか産業化できないか」となったのは時代の要請でしょう。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧