• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日野 江都子(ひの・えつこ)

リアル コスモポリタン CEO/国際イメージコンサルタント

日野 江都子

武蔵野美術短期大学在学中、コロンビア大学(米NY)へ留学。武蔵野美術大学卒業後、パーソンズ美術大学(NY)に留学、「ファッション&イメージコンサルティング」コース修了。フリーランスを経て、2004年、ニューヨークで株式会社リアル コスモポリタンを設立。ニューヨークと東京を拠点とし、国際的に活躍する日本企業や外資企業日本法人の幹部、政治家、財界人、セレブリティーを対象に、イメージコンサルタントの第一人者として、20年超にわたり活動。今日までに、日米2000人を超えるハイプロファイリング・クライアントのマネジメントを手がける。 近年は男性トップに加え、女性エグゼクティブ向けのプレゼンス向上コンサルティングや研修に力を入れており、銀座 英國屋との提携による女性エクゼグティブ向けスーツの監修のほか、国際基準のビジネススタイル提案や商品開発監修なども行う。 AICI(国際イメージコンサルタント協会)ニューヨーク支部ボードメンバー。スティービーアワード審査員。NY在住。

◇主な著書
仕事力をアップする身だしなみ 40のルール』(日本経済新聞出版社) 2013
NY流 魅せる外見のルール』(秀和システム) 2006
『Premium Image management for Men(DVD監修)』(SONY PCL) 2007

◇関連リンク
株式会社リアル コスモポリタン
Facebook(個人)
Facebook(株リアルコスモポリタン)

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

冬だからこそ、ゆるく日常的な体のメンテナンスが仕事のパフォーマンスを上げる。ということで、ずっと続けている、朝のクロロフィルタブレット摂取、ココナツオイル入りコーヒーに加え、消化を助けるエンザイム摂取、そして少し前に一部で話題になったとあるエクササイズを2017年の幕開けとともに加えたところ。
去年の冬ほどではないけれど、氷点下になる日も当然あるNY。外での運動でケガをしたら本末転倒ということで、セントラルパーク・ランを控え(今でも走っている人々はたくさんいますが)、自分のペースでできるチベット体操を再開。いい効果があるという噂だけれど、どうなのだろう? 肩甲骨あたりを開くストレッチにはなっているのを感じるだけでも、良しとするか。

ニーナ江都子日野の戦略的プレゼンス

見た目の「快」はリーダーの必要条件

2017年6月7日(水)

 今年5月、フランスでは同国史上最年少・39歳という若さ年齢の新大統領が誕生した。エマニュエル・マクロン氏だ。

 選挙活動の間、彼は大衆に向けてメッセージを伝える際に、常にネイビーのスーツを着用していた。勝利宣言でもネイビーのスーツとネイビーのネクタイ、そして白のシャツという、王道のスタイルを貫いた。

2017年5月14日、大統領府での就任式でもマクロン新大統領はネイビーのスーツにネイビーのネクタイだった(写真:ロイター/アフロ)

 マクロン新大統領は、就任後も活動の重要なシーンではこのスタイルを貫いている。5月14日、大統領府で就任式に臨む時にもネイビーのスーツとネクタイ、初の外遊でドイツを訪問してメルケル首相と会談した時や、先のG7の際にも同様の装いだった。

 そもそもネイビーを基調とした装いには国際舞台に通用するクラシカルさやオーセンティックさがある。

 ネイビーという深い青みは、「知的」「精悍」「冷静な頭脳」「落ち着き」「若々しさ」「爽やかさ」「清潔感」、さらには「現役感」や「力強いパワー」などを、見る人に認知させる。ただ悩ましいのは、このネイビーという色は、自信や意思のない人が身に着けると、まるで制服を着ているように映ったり、「つまらない格好」に見えてしまったりもする。

 その点、今回のマクロン仏大統領のネイビーの着こなしは印象的だった。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長