• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

山本 直人(やまもと・なおと)

コンサルタント・青山学院大学講師

山本 直人

コンサルタント・青山学院大学経営学部マーケティング学科講師。慶応義塾大学卒業後、博報堂でクリエイティブ、研究開発、ブランドコンサルティング、人材開発を経て2004年に独立。キャリア開発とマーケティングの両面から企業を対象にした活動を行う。主著に「グッドキャリア」「話せぬ若手と聞けない上司」「マーケティング企画技術」など多数。
個人サイトはhttp://www.naotoyamamoto.jp
ブログはhttp://www.naotoyamamoto.jp/blog/

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

ここでひと息 ミドル世代の「キャリアのY字路」

「出る杭は伸ばす」に裏切られた男の激動

2017年10月13日(金)

 「それにしても、いろいろあったよな」

 いま、Rさんはこの2年間をしみじみと振り返っている。山あり谷ありとはいえ、比較的平穏なまま40代を迎えたつもりだったが、この2年はまさに「激動」だった。

 いまRさんは、とあるソフト開発企業の役員だ。ただし、このポジションに落ち着いたのは3カ月ほど前のことである。居心地はいいし、報酬にも満足しているし、仕事にも慣れてきた。しかし、そこにいたるまでの「激動」の日々を思い出すと、ついつい心がざわついてしまうような状態だった。
 そして、ようやく「あの時のこと」を落ち着いて考え直すことができるようになったのだ。

 およそ、2年前のこと。Rさんの会社は、久しぶりに注目を浴びていた。
 ITメーカーとしての知名度は高い。しかし、ここしばらくは事業撤退やリストラの連続だった。
 Rさんが入社した20年ほど前は、パソコンブームに乗って業績も右肩上がりで、有名タレントを使ったCMも話題になっていたし、大学生の中でも人気企業だった。

 しかし、デジタルのビジネスはやがて世界的な大競争の時代になっていく。急速に「改革」は進み、会社全体はB to Bの分野にシフトしていった。もはやCMなどもほとんどなくなり、学生からの就職人気企業でもない。
 それでも業績は堅調で、やがて新しい分野への進出も行われるようになる。そうした中で、Rさんは30代後半で新しいプロジェクトを担当することになった。それは、大きなチャンスに見えた。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官