• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

内海 真希(うつみ・まき)

日経ビジネス記者

内海 真希

2007年東京大学教養学部生命・認知科学科卒業。大学院で光合成の研究に携わった後、2009年日経BP社入社。日経メディカル、日経ドラッグインフォメーションで8年間にわたり臨床医学のトピックや薬事行政などを取材。特に医薬品の効能効果や相互作用に詳しい。2017年4月から日経ビジネスで電機、製薬、医療制度などを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

コンピュータープログラムが予期せぬ欠陥を起こすことを「バグる」と言います。先日あるコラムを読んでいて、その語源は「虫」を意味する英単語bugにあることを知りました。1940年代、初期の大型コンピューターが登場した頃、中に蛾(ガ)が侵入して動作に不具合が生じたことに由来するそうです。なんでも、この蛾は“世界初のバグ”として、スミソニアン博物館に保管されているとか。
そんなトリビアを知った直後の休日、実家の母(60代)から電話が掛かってきました。世間話をしていたら、「昨日、パソコンがパグっちゃって」と母。惜しい!私の頭の中には、バグったパソコンを前に困り果てるパグの姿が浮かび、しばらく笑いが止まりませんでした。
似たような響きの言葉に「バズる」があります。SNSなどで口コミが爆発的に広がるという意味で使われますが、これも元来、ブンブンという蜂の羽音を指すもの。虫とITの意外な接点を見付けてしまいました。
最近は「バグる」よりも「バズる」の方がよく耳にしますが、これも時代の変化なのでしょうか。自分が60代になる頃、どんな新しいカタカナ単語が生まれているのか、不安でもありちょっぴり楽しみでもあります。

新成長産業 KADEN

見守りポットを生んだ、象印の先進力

2017年10月13日(金)

象印マホービンの本社1階には「まほうびん記念館」があり、同社の歴史や技術などが学べる(2018年1月からリニューアル工事のため一時閉館)。市川典男社長の手元左側の商品が、マット・ホース不要でヒットした布団乾燥機「スマートドライ」だ。(写真:山本尚侍、以下同)

ここ数年、家電に対する消費者ニーズはどう変わってきたのでしょうか。

市川:一言で言えば、さらにニーズが多様化しています。値段や性能だけではなく、デザインや色柄まで指定して購入するお客様がいらっしゃいます。少し前までは、店頭がショールーム化して、購入するのはインターネット販売に移ってしまうのではないかという懸念がありました。しかし最近は、本当に欲しい物についてネットで調べた上で、店頭で購入する人も増えているようです。

メーカーとしては、ニーズが多様化して細分化すると、それに対応するのが難しくなるのでは。

市川:全部を追いかけるわけにはいきませんので、そこにどうやってプラスアルファの価値を付けるかでしょうね。当社はいわゆる専業メーカーですので、持っているブランド力や開発資源、アフターサービス、物流の仕組みを特定のところに集中して投入できます。その半面、いっぺんに“飛び地”といいますか、違うジャンルには跳んでいけません。実際、強みを生かし切れず、過去に失敗した商品もあります。

売上高の67.4%が炊飯器などの調理家電で、水筒などのリビング製品が27.5%を占めます。一方で、比率は3%と小さいものの加湿器や空気清浄器などの生活家電も手掛けています。生活家電領域では、2012年に発売したマットとホースが要らない布団乾燥機「スマートドライ」が大きな話題を呼びました。ヒットの秘訣はどこにあるとお考えですか。

市川:2005年から打ち出している「日常生活発想」というスローガンが定着し、ようやく形になったのかなと思います。日常生活発想という言葉には、社内に対するメッセージも込めていましたから。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長