• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

内海 真希(うつみ・まき)

日経ビジネス記者

内海 真希

2007年東京大学教養学部生命・認知科学科卒業。大学院で光合成の研究に携わった後、2009年日経BP社入社。日経メディカル、日経ドラッグインフォメーションで8年間にわたり臨床医学のトピックや薬事行政などを取材。特に医薬品の効能効果や相互作用に詳しい。2017年4月から日経ビジネスで電機、製薬、医療制度などを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

コンピュータープログラムが予期せぬ欠陥を起こすことを「バグる」と言います。先日あるコラムを読んでいて、その語源は「虫」を意味する英単語bugにあることを知りました。1940年代、初期の大型コンピューターが登場した頃、中に蛾(ガ)が侵入して動作に不具合が生じたことに由来するそうです。なんでも、この蛾は“世界初のバグ”として、スミソニアン博物館に保管されているとか。
そんなトリビアを知った直後の休日、実家の母(60代)から電話が掛かってきました。世間話をしていたら、「昨日、パソコンがパグっちゃって」と母。惜しい!私の頭の中には、バグったパソコンを前に困り果てるパグの姿が浮かび、しばらく笑いが止まりませんでした。
似たような響きの言葉に「バズる」があります。SNSなどで口コミが爆発的に広がるという意味で使われますが、これも元来、ブンブンという蜂の羽音を指すもの。虫とITの意外な接点を見付けてしまいました。
最近は「バグる」よりも「バズる」の方がよく耳にしますが、これも時代の変化なのでしょうか。自分が60代になる頃、どんな新しいカタカナ単語が生まれているのか、不安でもありちょっぴり楽しみでもあります。

企業研究

栄養士と二人三脚で健康に

2017年8月9日(水)

カロリーや塩分を抑えた健康弁当を通信販売し、購入者には栄養士が無料でカウンセリングを行う。全国1万8000カ所の病院や診療所でカタログを配布し、継続的な食生活改善をサポートする。

(日経ビジネス2017年6月12日号より転載)

電話で気軽に栄養相談
栄養士が考案したオリジナルの冷凍弁当 「ミールタイム」を通信販売する。購入者に 対し栄養士が無料でカウンセリングを行う。 (写真=竹井 俊晴)
「濃厚ソースのチキン南蛮風 セット」は277キロカロリー(上)。塩分1.9gに抑えた「豚肉と蒸 し野菜のねぎ塩ソースセット」(下)

 血液検査の数字も体重も、順調に下がって維持されていますね」。栄養士がモニターを見ながら話すと、「先生に『合格』って言われたよ」と電話の向こうから弾んだ声が聞こえてくる。

 平日の午後、都内のオフィスにあるコールセンター。オペレーターは40人弱。全員が栄養士の資格を持つ。

 栄養士が監修したオリジナルの冷凍弁当を通信販売するファンデリー。弁当を購入する客に対し、栄養士が電話でカウンセリングを行うのが最大の売りだ。顧客数は20万人を突破。このうち担当の栄養士がつき、長期的な食事改善プランの下で定期的に弁当を宅配する「栄養士おまかせ定期便」の利用者は約7300人。単発利用も定期便も客が負担するのは弁当代のみで、登録料やカウンセリング料はかからない。

 販売する冷凍弁当のメニューは、インターネット販売を含めて400種類に上る。1食当たり300キロカロリー未満に抑えた「ヘルシー食」のほか、腎臓病患者向けの「たんぱく質調整食」、かんだり飲み込んだりする力が低下した高齢者向けの「ケア食」などがある。いずれも塩分量は2.0g未満だ。

医療機関での指導をサポート

 成長を続ける秘訣の一つが、全国の医療機関とのネットワークだ。

 ファンデリーは年4回、弁当のカタログ「ミールタイム」を発行しており、全国1万8000カ所の病院や診療所、調剤薬局で配布。医療機関で医師や栄養士から直接カタログを手渡してもらうことで、客からの信頼感はぐっと増す。

 肥満の改善はもちろん、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を治す上では、薬よりもまず食習慣を変える「食事療法」が不可欠。だが、「塩分を控えましょう」「食事量を減らしましょう」といった漠然とした指導では、実践につながりにくい。「一人ひとりに合った具体的で継続的なアドバイスが成功のカギを握る」(阿部公祐社長)

ファンデリーは2015年6月、東証マザーズ上場を果たした。写真は阿部公祐社長(写真=竹井 俊晴)

 ファンデリーは医療機関で指示された食事療法をサポートする方針を取る。初回は、血液検査の結果、身長・体重、医療機関で説明されたことなどを必ず聞き取る。その上で塩分やたんぱく質などの配合量を細かく勘案し、食事改善プランを立てる。1日1食のみミールタイムの弁当に置き換える客に対しては、調理の工夫や外食時の注意点など食生活全般にもアドバイスする。

 管理栄養士の立石智子さんは、ファンデリーに勤務して5年目。これまで担当した客からは、「初めて減量に成功した」「お薬が要らなくなった」といった声をたくさん聞いてきたという。「効果を実感してもらえたときは、栄養士をしていてよかったと感じます」

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手