• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

内海 真希(うつみ・まき)

日経ビジネス記者

内海 真希

2007年東京大学教養学部生命・認知科学科卒業。大学院で光合成の研究に携わった後、2009年日経BP社入社。日経メディカル、日経ドラッグインフォメーションで8年間にわたり臨床医学のトピックや薬事行政などを取材。特に医薬品の効能効果や相互作用に詳しい。2017年4月から日経ビジネスで電機、製薬、医療制度などを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

コンピュータープログラムが予期せぬ欠陥を起こすことを「バグる」と言います。先日あるコラムを読んでいて、その語源は「虫」を意味する英単語bugにあることを知りました。1940年代、初期の大型コンピューターが登場した頃、中に蛾(ガ)が侵入して動作に不具合が生じたことに由来するそうです。なんでも、この蛾は“世界初のバグ”として、スミソニアン博物館に保管されているとか。
そんなトリビアを知った直後の休日、実家の母(60代)から電話が掛かってきました。世間話をしていたら、「昨日、パソコンがパグっちゃって」と母。惜しい!私の頭の中には、バグったパソコンを前に困り果てるパグの姿が浮かび、しばらく笑いが止まりませんでした。
似たような響きの言葉に「バズる」があります。SNSなどで口コミが爆発的に広がるという意味で使われますが、これも元来、ブンブンという蜂の羽音を指すもの。虫とITの意外な接点を見付けてしまいました。
最近は「バグる」よりも「バズる」の方がよく耳にしますが、これも時代の変化なのでしょうか。自分が60代になる頃、どんな新しいカタカナ単語が生まれているのか、不安でもありちょっぴり楽しみでもあります。

トレンド・ボックス

スマホアプリで実現する、理想の歯磨き

2018年5月17日(木)

センサーを搭載し、スマホアプリを見ながら使う「スマート歯ブラシ」が広がっている。歯の状態や磨き方の癖に応じた正しい歯磨きを自宅で再現できるメリットがある。クラウドで歯科医院とつながるサービスは、疾患予防や医療費削減の可能性も秘めている。

(日経ビジネス2018年3月19日号より転載)

 「右奥歯の内側に磨き残しがありますね。歯ブラシを斜めに当てて、しっかり磨いてください」

 定期検診で歯科衛生士に歯ブラシと手鏡を渡され、正しい磨き方を教わる。けれどもその晩、自宅で実践してみようと思っても、なかなかうまく再現できない──。そんな悩みに応え、正しい歯磨きをサポートする「スマート歯ブラシ」が相次ぎ登場している。

 スマートフォンのアプリと連動させ、電動歯ブラシを精密に制御するのは当たり前。2018年の最新トレンドは、歯ブラシを“ハブ”として歯科医院と患者をつなぐサービスだ。

 正しい磨き方を“処方する”。そんなコンセプトで作られたのが、歯科医院向けの保険請求システムなどを手掛けるミックやオムロンヘルスケアなど3社が共同で開発し、17年11月に発売した「Curline(キュアライン)」。対応している歯科医院でしか購入できない、独自の電動歯ブラシ(税別2万7000円)を利用する。

16ブロックで磨き方を制御

 まずは診察。歯科医師が利用者の口腔内を目視し、歯並びや歯垢がたまっている場所などを確認する。そのデータを基に、一人ひとりに最適な磨き方を電動歯ブラシに登録する。

 口腔内は上下・左右・中央に加え、頬側、舌側、奥歯のかみ合わせ面の16ブロックに分けられる。歯科医師は専用ソフトを使って、磨く順番や振動の強さ、時間、角度をブロックごとに設定する。「歯科医院で正しい磨き方を教わっても、忘れてしまいがち。それならば、歯ブラシが勝手に動いて理想的な磨き方を再現できればよいのではないかと考えた」と、ミックヘルスケア事業部の濱西哉香課長は説明する。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

経営者が理解できない事業は手掛けてはいけないというのが、多角化の反省です。

中里 佳明 住友金属鉱山社長