• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

近藤 慎太郎(こんどう・しんたろう)

医師兼マンガ家 日赤医療センター、亀田総合病院、クリントエグゼクリニックなどで勤務 

近藤 慎太郎

北海道大学医学部、東京大学医学部医学系大学院卒業。
日赤医療センター、東京大学医学部付属病院を経て、山王メディカルセンター内視鏡室長、クリントエグゼクリニック院長などを歴任。
消化器の専門医として、これまで数多くのがん患者を診療。年間2000件以上の内視鏡検査・治療を手がける。
診療を行っていく中で、医療についての情報が世の中に正しく伝わっていないことを痛感し、講演や各種メディアを通じて啓蒙活動をおこなっている。特技はマンガで、解説マンガも著者が自ら描いている。

◇主な著書
がんで助かる人、助からない人』(旬報社) 2017

◇関連リンク
医療のX丁目Y番地(ブログ)
Facebook

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

学生時代を過ごした札幌で、3か月ほど仕事をする機会がありました。訪日観光客の多さは札幌も例外ではなく、有名な商店街である狸小路は、大手の量販店が立ち並び、観光客で溢れかえっていました。思い出の土地の変容に戸惑う気持ちが無いと言えばウソになりますが、札幌にとっては大きな恩恵でしょうし、人が少なくなって活気がなくなるよりはずっと良いことだと思います。
観光とともに、最近はメディカルツーリズムも活況を呈しています。たいへん喜ばしいことなのですが、一抹の懸念もあります。というのは、医療機関によっては目先の利益を得ることだけを優先し、必ずしも高いレベルの医療を提供できていないケースが散見されるのです。外国の方が医療を受けにわざわざ日本に来るのは、日本の誇る優れた医療が世界的に信頼されているからです。そしてそれは医師をはじめ多くの医療関係者が骨身を惜しまず働き、長い年月をかけてコツコツ積み上げてきたものなのです。いったん信頼を損なえば誰も日本には来なくなり、取り返しのつかない損失となるでしょう。私たちは先達の残してくれた土台の上に立っており、それを継承、発展させていく責任があるのです。

医療格差は人生格差

大腸カメラよりもキツイ?検査前の大量の下剤

2018年1月24日(水)

 前回は、大腸がんの検診で実施する便潜血検査について解説しました。

 少し話が脱線しますが、便潜血検査で胃がんのチェックはできないのでしょうか。というのも、便潜血検査は大腸がんなどの病変から出た血が便に混ざっていないかを調べる検査です。胃がんで出血する場合も陽性になってもいいように思います。

 しかし、結論から言うと胃がんのチェックは残念ながら便潜血検査ではできません。

 なぜかというと、血液(この場合、ヒトヘモグロビン)は胃など消化管の上流で出た場合、胃酸や膵液など様々な消化酵素に長時間さらされて、便に混じるまでに「変性」してしまいます。このため便潜血検査では引っ掛かりにくいのです。

 一方で、大腸など消化管の下流で出血した場合には、ごく一部が変性するかもしれませんが、大部分はヒトヘモグロビンの形態をとどめているため、検出可能となるのです。

 「何だ……一緒に検査できればいいのに…」と思った人もいるかもしれません。しかし、「大腸のチェックしかできない」ということは、必ずしも悪いことではありません。

 例えば、もし検査が陽性になった場合、「胃か大腸か分からないから、両方をカメラで検査しましょう!」と言われるのも辛いでしょう。「胃は半年前にチェックしたのに…」という場合でも、心配になって「仕方ないから念のためにもう一度受けようか」と思ってしまうかもしれません。それよりは、「便潜血検査=大腸」という一対一の関係の方が結局のところは便利なのです。

 さて本論に戻ります。

 そんな便潜血検査ですが、前回解説した通り、ポリープを見つける可能性は11~18%と、決して満足できるものではありませんでした。では、ポリープはどのように見つければいいでしょうか。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

物事の考え方やビジネスモデルが過去の延長では立ち行かなくなってきている。

渡辺 秀一 メディパルホールディングス社長