• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

鈴木 哲也(すずき・てつや)

日経ビジネス副編集長

鈴木 哲也

1993年早稲田大学法学部卒業、日本経済新聞社入社。大阪整理部に配属。96年に東京流通経済部。それ以降、小売業、外食のほかビール、化粧品、衣料品などの消費財関連を幅広く取材してきた。03~07年はニューヨークに駐在し、ウォルマートなど流通・消費分野、国連を担当した。企業報道部デスクなどを経て、15年10月に日経BP社に出向し現職。埼玉県に生まれ北海道で育つ。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

最近はロックのコンサートによく行きます。音楽ソフトが売れない中で、ライブの市場は伸びており、私も微力ながら貢献しています。好きなジャンルはヘビーメタル。アイドル×メタルの「ベビーメタル」が世界的に人気ですが、1980年代に活躍した国内外の「おやじバンド」も健在です。30年前のブームが再来している感もあり、うれしいです。

堤清二 先見と誤算

「銀座MUJIホテルの真意」良品計画会長語る

2017年11月20日(月)

 良品計画は2019年、東京・銀座に「MUJI HOTEL」(仮称)を開く。「無印良品」の新たな旗艦店に併設するが、ホテルの経営そのものは手掛けない。良品計画がコンセプトを策定し、内装デザインや家具提供を手掛ける。無印良品の創業者である堤清二氏も、無印のコンセプトによるホテルの開業を構想していた経緯がある。

 堤氏は2013年に他界しており、11月25日に命日を迎える。良品計画の金井政明会長に、堤氏との思い出や、ホテル開業の真意を聞いた。

1976年、西友ストアー長野入社、93年良品計画入社、2000年取締役、08年社長、15年会長。生活雑貨など商品開発で90年代から良品計画の成長を支えた(撮影:村田 和聡)

堤氏は手掛けた多くの事業の中でも、無印良品への関心が晩年まで高かったようですね。

金井政明会長(以下、金井):創業時の思想からぶれずになんとかやっていると評価していただいていましたが、いつもひやひやしながら、みていたようですね。決算が終わるたびに堤さんに、状況を報告していましたが、そうしたニュアンスのことをおっしゃるときがありました。

バブルに向かっていた1980年に、消費社会や高級ファッションへのアンチテーゼという堤氏の思想からスタートしたのが無印良品です。ファッション性の高い商品を無印良品が手掛けるようになってはいけないと、晩年も心配していたそうですね。

金井:心配していましたね。ファッションの領域に入ってしまうと、無印良品ではなくなってしまうと。化粧品についても、もともと堤さんは販売することにあまり賛同していませんでした。

 化粧品には1990年代後半に参入したのですが、当時、生活雑貨の責任者だった私が、開発前に説明に行ったところ、堤さんから宿題を出されて、それからまた行って、やっと発売を認められたという経緯があります。大変、勉強になりました。いまでは化粧品はすごく大きな商品分野に育っています。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長