• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

永井 隆(ながい・たかし)

ジャーナリスト

永井 隆

1958年生まれ。群馬県桐生市出身。明治大学卒業。東京タイムズ記者をしていた1992年、同紙が突如休刊し失業を経験。そのままフリージャーナリストとして独立。現在、雑誌や新聞、ウェブで取材執筆活動を行う一方、テレビ、ラジオのコメンテーターも務める。 著書に『サントリー対キリン』(日本経済新聞出版社)、『人事と出世の方程式』(同)、『ビール15年戦争』(同)、『国産エコ技術の突破力!』(技術評論社)、『ドキュメント敗れざるサラリーマンたち』(講談社)、『現場力』(PHP研究所)などがある。

◇主な著書
サントリー対キリン』(日本経済新聞出版社) 2014
国産エコ技術の突破力!』(技術評論社) 2009
人事と出世の方程式』(日本経済新聞出版社) 2008

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 週に1、2回ですが、地元公民館で卓球をしています。目的は体力維持とダイエット。一方、今の目標はバックハンドドライブと下半身を使ったフォアハンドドライブのマスターです。卓球は中学の部活でやっていました。米中のピンポン外交もあり、当時卓球はブームだったのです。再開させたきっかけは、2010年10月に禁煙したところ体重が急増したためでした(それ以前は1日2箱以上を30数年吸っていた)。定期的な運動が必要と判断し、11年8月から卓球プレーヤーに。ただし、どうしても減量できずに困っています。
 スポーツには大きく2種類があると思います。一つは勝利を目指すもの。もう一つは、目指さないものです。プロ野球や大相撲は前者。興業を目的としていますから、勝つことで動員と人気を高めていく。
 一方後者は、公民館活動の卓球やバドミントン、草野球などが当たります。高齢化が一気に進んでいく中、国民医療費の増加を抑えるためにも、こうした地域スポーツの役割は大きくなっています。しかし、“草”を冠するチームであっても、どうしても勝利至上主義はついてまわります。チームが市民大会などでの勝利を優先しすぎると、初心者や私のように技能の劣る人は参加しにくくなります。また、公民館や市営グランドがあまり働かない公務員たちの占有慰安施設になることも阻止しなければなりません。多様な人々が多様な価値観のもと、互いに楽しめるスポーツの場は求められます。共通の勝利よりも、それぞれの違いを認め合えたなら。

永井隆のニュースもう一掘り

たばこのパッケージ規制が飲料、食品に広がる?

2016年8月8日(月)

 たばこの箱のデザインを簡素に統一して、商標の代わりに健康被害を訴える写真や警告文を表示することを義務づける「プレーン・パッケージ(PP)」規制が、世界的な広がりを見せている。

プレーンパッケージ規制を導入したオーストラリアのたばこの箱

 喫煙抑制を目的に豪州が、世界に先駆けてPPに規制する法律を施行したのは2012年末。豪州に続き、英国とアイルランドは来年5月、フランスは来年1月にPP法が施行されていく。さらにニュージーランドでも与党が今年5月法案を議会に提出したほか、ノルウェー、スウェーデン、カナダ、シンガポール、スロベニアなどでも導入を検討している。

 こうした動きに対したばこ業界は反発し提訴を繰り返しているが、一方でウクライナなど5カ国は世界貿易機関(WTO)に豪州を相手に提訴中だ。PP法が波紋を広げているのは、たばこにとどまらず、酒類や炭酸飲料、菓子など食品にも包装規制が拡大する気配をみせているからだ。公衆衛生を常に優先されると、経済活動ばかりか表現の自由をも制限される懸念が膨らんでいく。

陰惨な箱で、買う気を無くさせる

 豪州で始まったPP法とは、パッケージ(箱)の魅力を低減させ消費者の喫煙意欲を削ぐことで、たばこ消費の抑制を狙ったもの。ブランドロゴをはじめ一切のデザイン要素を箱から排除。健康被害を強調する写真や警告表示を大きく掲載したり、箱の色も「茶緑色」に限定しているほか、ブランド名のフォントやサイズにいたるまでも細かく規定されている。

 11年に法案が成立した直後、米フィリップ・モリス、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、英インペリアル・タバコ、日本たばこ(JT)のたばこ大手4社は、簡易包装を強いる同法は違憲であると、豪政府を相手取り提訴する。だが、豪連邦最高裁は翌12年8月、「合憲」とする判断を下した。

 これにより12年末から、豪州では簡易包装のたばこだけが販売されている。豪州政府は6月、新年度予算案に17年から4年間、毎年12.5%ずつ税率を上げる大幅なたばこ増税案を盛り込んだ。PP法の施行と相まってたばこを排除する政策を強化している。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長