• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

永井 隆(ながい・たかし)

ジャーナリスト

永井 隆

1958年生まれ。群馬県桐生市出身。明治大学卒業。東京タイムズ記者をしていた1992年、同紙が突如休刊し失業を経験。そのままフリージャーナリストとして独立。現在、雑誌や新聞、ウェブで取材執筆活動を行う一方、テレビ、ラジオのコメンテーターも務める。 著書に『アサヒビール30年目の逆襲』(日本経済新聞出版社)、『サントリー対キリン』(同)、『人事と出世の方程式』(同)、『ビール15年戦争』(同)、『究極にうまいクラフトビールをつくる キリンビール「異端児」たちの挑戦』(新潮社)、『国産エコ技術の突破力!』(技術評論社)、『ドキュメント敗れざるサラリーマンたち』(講談社)、『現場力』(PHP研究所)などがある。

◇主な著書
アサヒビール30年目の逆襲』(日本経済新聞出版社) 2017
サントリー対キリン』(日本経済新聞出版社) 2014
国産エコ技術の突破力!』(技術評論社) 2009

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

最近のトピックス

 週に1、2回ですが、地元公民館で卓球をしています。目的は体力維持とダイエット。一方、今の目標はバックハンドドライブと下半身を使ったフォアハンドドライブのマスターです。卓球は中学の部活でやっていました。米中のピンポン外交もあり、当時卓球はブームだったのです。再開させたきっかけは、2010年10月に禁煙したところ体重が急増したためでした(それ以前は1日2箱以上を30数年吸っていた)。定期的な運動が必要と判断し、11年8月から卓球プレーヤーに。ただし、どうしても減量できずに困っています。
 スポーツには大きく2種類があると思います。一つは勝利を目指すもの。もう一つは、目指さないものです。プロ野球や大相撲は前者。興業を目的としていますから、勝つことで動員と人気を高めていく。
 一方後者は、公民館活動の卓球やバドミントン、草野球などが当たります。高齢化が一気に進んでいく中、国民医療費の増加を抑えるためにも、こうした地域スポーツの役割は大きくなっています。しかし、“草”を冠するチームであっても、どうしても勝利至上主義はついてまわります。チームが市民大会などでの勝利を優先しすぎると、初心者や私のように技能の劣る人は参加しにくくなります。また、公民館や市営グランドがあまり働かない公務員たちの占有慰安施設になることも阻止しなければなりません。多様な人々が多様な価値観のもと、互いに楽しめるスポーツの場は求められます。共通の勝利よりも、それぞれの違いを認め合えたなら。

私の中の小倉昌男

フェイスブック、アマゾンと宅急便に共通点?

2017年9月20日(水)

 宅急便の生みの親にして、戦後有数の名経営者・小倉昌男氏。彼の自著『小倉昌男 経営学』は、今なお多くの経営者に読み継がれている。

 ヤマトグループは小倉氏が去った後も、氏の経営哲学を大切に守り、歴代トップが経営に当たってきた。日経ビジネス編集部では今年7月、小倉氏の後のヤマト経営陣が、カリスマの経営哲学をどのように咀嚼し、そして自身の経営に生かしてきたのかを、1冊の書籍『ヤマト正伝 小倉昌男が遺したもの』にまとめた。

 本連載では、ヤマトグループとは関係のない外部の経営者たちが、小倉昌男氏の生き様や経営哲学にどのような影響を受けてきたのかを解き明かす。『小倉昌男 経営学』の出版から約18年。小倉氏の思いは、どのように「社外」の経営者たちに伝わり、そして日本の経済界を変えてきたのだろうか――。

発売から約18年経った今も長く読み続けられている『小倉昌男 経営学』
2017年夏に出版した、小倉氏“以降”の経営者たちの物語『ヤマト正伝 小倉昌男が遺したもの』

 ミドリムシ(学名はユーグレナ)を活用した食品や化粧品の販売、バイオ燃料の研究などを手掛けるバイオテクノロジーベンチャー、ユーグレナ。同社を率いる出雲充社長は、尊敬する経営者に小倉昌男氏を挙げる。小倉氏の何が響いているのか。

出雲 充(いずも・みつる)
1980年生まれ。2002年東京大学農学部卒業後、東京三菱銀行に入行。銀行員として働きながら、ミドリムシの研究を続け、2005年にユーグレナを設立。2012年に東京証券取引所市場マザーズに上場し、それから2年後の2014年に東京証券取引所第一部に市場変更。伊藤忠商事やJXエネルギー、ANAホールディングスなどの大企業と提携し、注目を集めている(撮影/的野 弘路、ほかも同じ)

経営危機で出会った『小倉昌男 経営学』

ユーグレナは東京大学発ベンチャーとして有名です。大学発ベンチャーの雄でもある出雲社長にとって、小倉昌男さんはどんな存在なのでしょうか。

出雲社長(以下、出雲):私が教科書のように常に学んでいる経営者は3人います。日清食品を創業した安藤百福さんとリコー・三愛グループの創始者である市村清さん、そして宅急便の生みの親である小倉昌男さんです。

 一方で、毎日その動向をウォッチしている企業も3社あります。キッコーマンとヤクルト本社、そして味の素です。この3社は、いずれも微生物の発酵作用を企業の軸にして、積極的にグローバル市場に進出しています。日本の“お家芸”である発酵技術で世界を攻めている意味でも大変勉強になります。

 この3人の経営者と3社の企業が、私の大切な羅針盤なのです。

ユーグレナを創業する前から、小倉さんを意識していたのでしょうか。

出雲:いいえ。小倉さんの存在を強く意識するようになったのは、2005年にユーグレナを創業した後のことです。それまでは大変失礼ですが、宅急便を始めた有名な経営者、というくらいの認識しかありませんでした。

 会社を立ち上げてみると、本当に毎日うまくいかないことばかりなんです。特に創業してから最初の3年間は、本当に大変な時期でした。2008年に伊藤忠商事と提携して出資を受けるまで、深刻な経営危機に直面していたのです。

 苦しい時、私はあらゆる経営者の本や、経営に関する本を読みました。その苦境の日々の中で、小倉昌男さんの『小倉昌男 経営学』に出合ったのです。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授