• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

殿村 美樹(とのむら・みき)

PRプロデューサー

殿村 美樹

株式会社TMオフィス 代表取締役。同志社大学大学院ビジネス研究科MBAプログラム「地域ブランド戦略」教員、 関西大学「広報論」講師も務めるPR専門家。1989年にTMオフィスを創業。地方や伝統文化の活性化に注力し「大金を投じなくてもPRはできる」という信念の下、独特の視点と斬新な発想が注目を集めている。これまでの代表的な仕事は、「今年の漢字」プロデュース、「佐世保バーガー」「ひこにゃん」「うどん県」の全国PR戦略など。

◇主な著書
ブームをつくる 人がみずから動く仕組み』(集英社) 2016
テレビが飛びつくPR』(ダイヤモンド社) 2010
売れないものを売るズラしの手法』(青春出版社) 2012

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

京都あれこれ「PRのプロ」と楽しむイイ話

「宇治の橋姫」恋人から鬼になったワケ

2017年8月5日(土)

 夏につきものの怪談。その中に、恨みが募って鬼と化した女性が、草木も眠る丑三つ時に恐ろしい形相で藁人形に釘を打ち付ける話があるのをご存じでしょうか。

 この話に語られているのは「丑の刻参り」という呪術で、長い間、日本人が密かに恨みを晴らす代表的な儀式とされてきました。京都府宇治市の宇治橋に伝わる「宇治の橋姫伝説」が原型と言われており、それだけに「宇治の橋姫」は恐ろしい鬼として語り継がれてきました。

 しかし、改めて調べてみると「宇治の橋姫」が鬼になったのは鎌倉時代のことで、平安時代の末までは鬼どころか、愛しい恋人の例えだったことがわかりました。源氏物語の宇治十帖「橋姫」のタイトルには「京の都から離れた宇治に暮らす愛しい恋人」の意味が込められていると言われます。

京都府宇治市の宇治橋

 それがどうして恐ろしい鬼になったのでしょうか。なんだかすごい秘話が隠れている気がします。さっそく宇治橋へ行ってきました。

続きを読む

著者記事一覧

もっと見る

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師