• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

堤清二、最晩年に語った愛と涙の訳

『堤清二 罪と業 最後の「告白」』著者 児玉博氏に聞く

2016年8月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大正から昭和にかけて、日本の政界や経済界に大きな影響力をもった堤一族。希代の実業家、堤康次郎氏が作り上げた「西武王国」は、義明氏と清二氏という息子が率いる2つの「西武」に枝分かれして、ともに事業を急拡大した。だが2人の運命は過酷なものだった。
 鉄道やホテルなど中核事業を継承できなかった堤清二氏は、独自の感性と才覚で、セゾングループを作り上げ、一世を風靡したが、その原動力となったのは、父親と正式に跡を継いだ堤義明氏に対する強烈な対抗心だ。
 堤清二氏は人生の最晩年に、児玉博氏による、のべ十数時間にわたるインタビューに応じた。堤氏が語ったのは、父親との確執と、内縁の妻だった母への愛着、そして堤家崩壊の歴史だったという。児玉氏が2015年に月刊「文藝春秋」4月号~6月号に連載した「堤清二『最後の肉声』」は、今年の大宅壮一ノンフィクション賞を雑誌部門で受賞した。これに大幅加筆した著書『堤清二 罪と業 最後の「告白」』(文藝春秋)が先頃出版された。児玉氏に、最晩年の堤清二氏の告白から何を感じたか聞いた。

(聞き手は鈴木哲也)

取材を申し込んだきっかけは何だったのですか。

1959年、大分県佐伯市(旧南海部郡鶴見町)生まれ。85年に早稲田大学卒業後、フリーランスとして活動。著書に『幻想曲 孫正義とソフトバンクの過去・今・未来』『“教祖”降臨-楽天・三木谷浩史の真実』(ともに日経BP社刊)がある。

児玉:堤清二氏が作り上げたセゾングループはバブル崩壊後、経営難に陥り、2000年代に入って解体が進んでいきます。清二氏は経営から退き、小説家「辻井喬」として多数の作品を発表していました。しかし2005年に、異母弟である堤義明氏が西武鉄道株式を巡る、証券取引法違反で逮捕され、彼が率いていた西武グループが危機に陥ったのです。西武グループの再建を冷静に見守っているはずの堤清二氏は、突如豹変して、再建を主導する銀行などのやり方に異を唱え始めました。西武グループの持ち株会社である「コクド」の株式は名義株に過ぎず、実質的な所有者は堤家であるとして、2005年に末弟の猶二氏らとともに訴訟を起こしたのです。

 私は堤清二氏にこう聞きたかったのです。「清二さん、あなたはもう引退した身でしょう。作家の辻井喬として生きている幸せな時間をわざわざ捨てて、何で経済人の堤清二に戻らなきゃいけないのですか。堤家が今さら表舞台に出るなんていうことは、世間の指弾を受けますよ、と」。会って聞いてみると、彼は「父との約束です」ということを言いだしたのです。何ですか、その父との約束というのは、と聞くと、五十数年前に実は父とある約束をしていたのだと言ったのです。

本の第一章で書かれている、やり取りですね。清二氏は「なにかあったら僕が義明を助けますから」と、父の堤康次郎に約束していると、話しています。

児玉:私はそれを聞いて、すごく驚きました。父を蛇蝎のように嫌っていたはずです。それなのに、85歳の老人になった清二氏が突如、「50年前の約束なのです」と、言い始めたのですから。それからインタビューはまったく様相を異にしてしまって。自分の父がいかに自分を愛していたかというようなことまで、話し始めたのです。

清二氏は父、堤康次郎から西武グループの中核企業である西武鉄道やプリンスホテルの相続を許されず、異母弟の義明氏か引き継いだという、経緯がありますね。それを考えれば、一般的な子供がもつ親への気持ちとは全く違うものなのでしょうね。

時に涙を浮かべながら

児玉:愛されたのは僕なんですということを、彼は盛んに言いました。いったいこれは何だろうと思って、ずっと話を聞いていました。そうすると彼はある種の秘めたる思いのようなものをどんどん吐露しました。それが母のことであり、妹の邦子さんのことであり、やっぱり異母弟の義明氏のことであり、いろいろなことを話し始めたんですよね。

コメント0

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

「堤清二、最晩年に語った愛と涙の訳」の著者

鈴木 哲也

鈴木 哲也(すずき・てつや)

日経ビジネス副編集長

日本経済新聞社で小売業、外食のほかビール、化粧品、衣料など消費財関連を幅広く取材してきた。03~07年はニューヨークに駐在。企業報道部デスクなどを経て、15年10月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員