• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米国の“自由研究本”は「失敗してから」が華

『ナショジオ式自由研究 親子でできる 楽しい科学実験』/『文字の博覧会 旅して集めた"みんぱく"中西コレクション』

  • ザ・絶賛エディターズ

バックナンバー

2016年7月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

私の編集した本読んでください!
ナショジオ式自由研究 親子でできる 楽しい科学実験』 カレン・ロマノ・ヤング著、春日井晶子訳、滝川洋二監修、日経ナショナル ジオグラフィック社

担当:日経ナショナル ジオグラフィック社 葛西陽子

ナショジオ式自由研究 親子でできる 楽しい科学実験』 カレン・ロマノ・ヤング著、春日井晶子訳、滝川洋二監修、日経ナショナル ジオグラフィック社

 もうすぐ夏休み。子どもたちの宿題のなかでも、「自由研究」は頭を悩ませるものの一つでしょう。どうせやるなら、子どもたちが楽しんでできるものを選びたい。そんなご家庭を応援したくて、『ナショジオ式自由研究 親子でできる 楽しい科学実験』を出版しました。米国のナショナル ジオグラフィックが制作した書籍の日本語版です。

 原書の見本が届いたとき、米国でも“自由研究本”が出ているのかと驚いたのですが、ページをめくってまたびっくり。掲載している58個の実験は、すべて、子どもたちが実際に試したもので、その様子が実験のプロセスとともに紹介されています。

「間違えないということは、何かが間違っているんだ」

 たとえば表紙にも載せた「水を光らせよう」という実験。期待と緊張を漂わせている女の子が、光った後に何ともいえない笑顔を見せてくれます。なかには難しい実験もあって、子どもたちも悪戦苦闘します。「ジャガイモ電池」は、本書のなかで何度も失敗しています。そういう場合は、「何が問題だったのか」「どうすればうまくいくのか」と誘導し、考えるヒントを与えてくれます。

 原書のタイトルは「Try This!」(やってみよう!)。失敗すること、そして失敗から学ぶことを大いに推奨しています。前書きには、こんなことが書いてあります。

 「間違えないということは、何かが間違っているんだ」
 「その間違いを直さないと、本当に間違いがおきるよ」
 「間違ったことをみとめないということは、何もしていないのと同じことだ」

 日本語版を監修していただいたガリレオ工房の滝川洋二先生は、こんなふうにおっしゃっています。

 「失敗を通じて工夫を体験することは、アメリカの教育の新しい方向で、この本がアメリカの教育の先端の紹介になっているのです」
 「NGSSの動きを実験を通して知ることができるのがこの本です。この本の実験はすべてNGSS のどこに位置付くかが検討されて紹介されているからです」

 また、本の紹介には「すべての実験はSTEMに基づく」とあります。
 はて、NGSS? STEM? これって何でしょう?

コメント0

「絶賛!オンライン堂書店」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO