• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

この国の教育は「理不尽」に満ちている

『「学力」の経済学』/『保育園教育義務化』

  • ザ・絶賛エディターズ

バックナンバー

2015年8月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

私が編集した本読んで下さい!
「学力」の経済学』中室牧子著(ディスカヴァー・トウェンティワン) 担当:ディスカヴァー・トウェンティワン編集部 井上慎平

教育は「一億総なんちゃって評論家」状態

 想像してみてください。
 もしも、日本の財政政策を決める会議で、

「私の経験によると…もう少し公共事業を増やせば、景気がよくなるはずだ!」

 と、門外漢の文部科学省の大臣が発言したら、あなたはどう思いますか?

「おいおい、何の根拠があってそんなことを言うんだ」
「そもそも、あんたの専門じゃないだろう。適当なことを言うんじゃないよ」

 多くの人は、そんな感想を持つのではないでしょうか。
 しかし、驚くべきことに、日本の教育の世界では、それにかなり近いことが起こってしまっているのです。

 経済財政諮問会議での議事録では、ひとたび教育再生の話題になったとたん、財務大臣や経済再生担当大臣など、およそ教育の専門家ではない人までも次々に
「私の経験によると…」

と持論を展開しはじめています。

 編集者である私は決して教育の専門家ではありませんが、この話をはじめて聞いたとき、その理不尽さに、なんともやるせない気持ちになりました。

 なぜ、こんな不思議なことが起こるのか?
 理由はふたつあります。まず、教育は誰しもが必ず受けた「自分ごと」であるということ。

 「どんな財政政策がいい財政政策だと思いますか?」と訊かれれば「よくわかんないです」と答える人も、「どんな教育がいい教育だと思いますか?」と訊かれれば、「詰め込み型の教育はやはりよくないですね」と、自分なりの「仮説」を語り出す。

 そして、もうひとつの理由こそが、この問題を致命的なものにしています。こうしたそれぞれの「仮説」に対して、今まで、日本はほとんど何の客観的検証もしてこなかったのです。ゆとり教育がその代表ですが、「これからはゆとりだ!」と全国で一斉に導入し、「やっぱり違ったね」と全国で一斉に廃止する。

 一斉に行うから、「導入された子ども」と「導入されなかった子ども」を比較することもできず、結局何がよくて何が悪かったのかわからないまま、まるで流行を追うかのように次の政策へと移行する…そんなことが繰り返されてしまっています。

「子どもの目がキラキラしていました」の検証不可能性

 仮説と検証を行うには、まず適切な指標を設定し、定量的な数字から判断することが不可欠です。これは、ビジネスの現場に立つ人からすれば、今さら説明する必要もないほど、「当たり前すぎること」かもしれません。

 しかし、教育の現場でたびたび目にする「子どもの目がキラキラしている」「学校が活気にあふれている」などの定性的な指標は、そういう意味では、もっとも検証から遠いものでしょう。これがビジネスの現場なら、「どうやってキラキラしているかを判断するんだ! 言ってみろ!」と上司に詰め寄られること必至です。

コメント8件コメント/レビュー

「将来の成功に最も重要な能力は学力では「ない」」というのは、正しいが内容を良く考えないと誤読するだろう。「学力」は「能力」の一つで、それ以前に、能力を使う「意欲」と「使い方」も無ければ少なくとも成功しない。その意味で正しいが、「学力」は他の能力に比べ割と努力次第で手に入るもの。意欲と使い方も同様。よって「つぶしが利く保険」としての学力を求めるのは間違っていない。「平等教育を徹底された方が「思いやりのない子」に育つ」これも予想通り。小さい内には平等の大切さも意義も理解し難い。不平等を体験し、理不尽さに気付くからこそ平等の大切さとして「思いやり」を体得できるのだろう。(2015/08/26 23:53)

「絶賛!オンライン堂書店」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「将来の成功に最も重要な能力は学力では「ない」」というのは、正しいが内容を良く考えないと誤読するだろう。「学力」は「能力」の一つで、それ以前に、能力を使う「意欲」と「使い方」も無ければ少なくとも成功しない。その意味で正しいが、「学力」は他の能力に比べ割と努力次第で手に入るもの。意欲と使い方も同様。よって「つぶしが利く保険」としての学力を求めるのは間違っていない。「平等教育を徹底された方が「思いやりのない子」に育つ」これも予想通り。小さい内には平等の大切さも意義も理解し難い。不平等を体験し、理不尽さに気付くからこそ平等の大切さとして「思いやり」を体得できるのだろう。(2015/08/26 23:53)

『「学力」の経済学』で書かれていることはおおむね賛成ですが、「教育の専門家の持論よりもよっぽど。」というくだりはいただけません。本文の最初の方にあるように自称教育評論家が世間でいろいろ発言していることに引っ張られた言葉と感じます。実際の専門家はちゃんと統計的に調べていますよ。苅谷 剛彦氏の「学力と階層 (朝日文庫) 」など読んでみるとゆとり教育の結果どの階層の子どもたちの学力が下がったかなどがちゃんとした調査の結果として書かれていますよ。
▽記事の冒頭の著者が感じた理不尽さについて、日経BPに和田秀樹氏が書いていますが、アメリカでは教育者としての実績がないと国家レベルの教育関係の政策提言や審議はできないそうです。日本もそうすべきだと思います。飲み屋の親父や経営コンサルタントが政策提言するのはほんとおかしいですよ。(2015/08/26 21:38)

乳幼児教育を親の手によるべきかどうか、保育園でも遜色ないというのは女性を労働力として引っ張り出そうという政府と、育児を人手に任せる後ろめたさから逃れようとするワーキングマザーとの合作であって、最近の医学研究では幼児の早い段階で脳の成長は形作られるとの結論が出ており、教育熱心な親に委ねるのが一番である。それはともかく、政府などの唱える教育論は、結局才能に恵まれた東大卒の成功体験に基づくものに過ぎない。「ゆとり教育」を提唱した文部官僚が有名高校卒でろくに勉強しなくても東大に合格した体験に基づくものであることは有名である。教育には読み書き算盤の基礎教育と個性を伸ばす才能教育の2面があり、教育手法が異なる。それを混同する筆者に教育論を語る資格はない。(2015/08/26 13:01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長