• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界が100年以内に終わるこれだけの理由

『こうして、世界は終わる』/『昭和16年夏の敗戦』

  • ザ・絶賛エディターズ

バックナンバー

2015年9月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【私が編集した本読んで下さい!】

こうして、世界は終わる

ナオミ・オレスケス、エリック・M・コンウェイ著、渡会圭子訳
担当:ダイヤモンド社 書籍編集局第1編集部 三浦岳

ハーバードとNASAの研究者が「断言」

 永遠に続くものはないのは当たり前なのに、なかなかすっとは理解できないものだとよく感じます。とくに自分の命の終わりなど、受け入れがたいことについては、人は考えるのをやめてしまうようなところがあるのでしょう。

 この世界の終わりについても同じなのかもしれません。『こうして、世界は終わる』によると、地球ではここ数十年の間に、化石燃料の燃焼等によって大変な勢いで温室効果ガスが放出されていて、このままの状態が続くと100年も保たずに、気温上昇に伴うさまざまな影響によって現状の文明が壊滅してしまうとのこと。

 著者はハーバード大学の科学史、地球惑星科学のナオミ・オレスケス教授とNASAの研究者エリック・M・コンウェイ氏。とくにオレスケス教授はアメリカの上院委員会で議会証言するなど、地球温暖化問題について盛んに啓発活動を行っている環境問題の権威です。

 つい最近もやはりNASAの研究者が、海面上昇が予想以上のペースで進んでいることを発表しましたが、人類全体としては、あまり真に受けることなく日々をすごしているように見えます。

 また、国連がこの問題に本格的に取り組みだして国連気候変動枠組条約を定めたのが1992年で、以来、さまざまなかたちで温暖化に関するニュースが世界に流れましたが、その92年から2013年までの間に世界の二酸化炭素放出量はむしろ38パーセント増えたといいます。

 それどころか、世間の実感としてはこの話題にはとうに飽きたというところすらあるような感じがします。単にじわじわと事態が進行していくだけで新しい論点が出てくるわけでもないので、ニュースにしようがないためかもしれません。

30年後、気温上昇4度で急激な変化が

 オレスケス教授の研究はアル・ゴアの『不都合な真実』の論拠になるなど、研究者や識者の間では大きなインパクトをもって受け止められてきました。しかしそうは言っても、世界的な流れはなかなか抑えられるものでもなく、二酸化炭素放出量は依然として地球規模で増え続けています。それでも破滅が目の前にある以上、行動する以外に選択肢はないとばかりに、なおも教授はこの現実について手を替え品を替え、粘り強く警鐘を鳴らし続けています。

 本書はオレスケス教授のそんな活動から出た力作です。歴史学の視点からいまの状況を俯瞰的に見るために、あえて語り手を「300年後の歴史学者」と設定し、「西洋文明(いまのわれわれが生きている文明)はどのように崩壊していったか」を歴史として語るという、ユニークな構成になっています。

(「300年後の歴史学者」というのは、2093年に世界が壊滅的なダメージを受けた後も細々と命を繋いだ人たちで構成されている「第二次中華人民共和国」の歴史学者、という設定です)

 現代の歴史学者がローマ帝国やマヤ文明を語るような語り口で、どういう経緯でわれわれは破滅していくのかを詳細に解説していきます。

コメント3

「絶賛!オンライン堂書店」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長