• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

子供をハーバードに入れたいか?

『その「グローバル教育」で大丈夫?』/『多縁社会』

  • ザ・絶賛エディターズ

バックナンバー

2015年12月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【私が編集した本読んで下さい!】

その「グローバル教育」で大丈夫?
ヤマザキマリ、小島慶子著、朝日新聞出版
担当:朝日新聞出版AERA編集部 木村恵子

 最近、親の「グローバル教育」熱がすごいです。

 保育園、幼稚園のうちから、英会話教室に通わせる人は多いし、学校選びの際に「インターナショナルスクール」というのが選択肢の一つに普通に入りつつある。一部芸能人の話、ではありません。「生きた英語」を学べる私立中高一貫校に通わせ、果ては海外の大学へ(しかも、ハーバードやケンブリッジやMITと名門校)!というシナリオを描いている親も、多くなってきているのではないでしょうか。

 そこまでは思っていないよ……。という人も、英語はマスターさせて、将来、外資系企業でも働けるようにしなくては、という漠然とした焦りを持っているケースは少なくないかもしれません。

 この本は、子育てをしていると、ついつい、わが子に「いい学歴を」「将来の就職に有利な大学へ」そして最近は「世界にも通用する学歴を身につけさせたい」と、焦ってしまう親たちに、本当の「グローバル教育」とは何か、を投げかけています。“グローバル”とありますが、それを取ってもいい。

 つまり、ついつい教育熱心になって「学歴」に目が行ってしまう親たちに、「大事な教育」はそんなことじゃないんじゃないか、ということを教えてくれます。とっても普遍的な、そして、いま日本がちょっと忘れがちな教育の視点をくれます。

 著者は、漫画家のヤマザキマリさんと、タレント・エッセイストの小島慶子さん。

世間体をなぜ守るのか

 ヤマザキさんは、漫画「テルマエ・ロマエ」の原作者で、絵画の勉強のため、17歳で単身イタリアに渡られた経験を持ちます。その後は、シリア、ポルトガル、アメリカなどで暮らしながら、まさに「世界で」子育てをしてきました。現在、息子さんはハワイ大学に通っています。

 小島さんは、夫の退職を機に、2014年にオーストラリアに家族で引っ越しし、現在は仕事のある日本と、オーストラリアを行き来する生活をされています。息子さんは中学1年生と、小学4年生。

 海外子育てについては、先輩のヤマザキさんと、少し前に海外で子育てを始められ、いろいろ新鮮な発見もあるであろう小島さんが対談をしたら面白いのではないだろうか。

 そんな思いから、お二人に対談をお願いしました。

 最初の対談は、ニュース週刊誌「AERA」で、小島さんが持たれている「小島慶子の幸複論」という連載で実現しました。そこでお二人が強調されたのは、日本には「子育ての見えない教科書」や「世間体という戒律」があり、それを逸脱すると、非常に子育てがしにくいということ。そのしんどさは、特に、子育てを全面的に背負いがちな母親たちに押しつけられているということでした。

 対談を聞きながら、担当者の私も「そう、そう」「そう、そう」と納得と共感をすることしきり。

 ヤマザキさんはこう言います。

コメント8件コメント/レビュー

本、おもしろかったです。
最近、私学中学の説明会などにいく機会があり 東大コースなんかももうけてみたりなんだかなあとかんじています。
ちょっとびっくり、子供が学びたいものが決まって それが東大にあれば目指すでしょうが学校が東大コースって塾じゃないのだから・・とどん引きしております。それと一緒で海外の大学も、そこでしか学べないものがあればいつか子供が自分で勝手に行くでしょうし 親がお膳立てするものではないですよね。日本て中学じゅけんにしろ、下手すると大学受験まで どこどこにいれるためにというマニュアルを親が!!読むのがちょっと変ですね・親にレールを敷かれる教育ってどうなんでしょう。

今の日本の教育の、グローバルだの海外大学だの東大いけばいいみたいな風潮に田舎っぽさというか 後進国ですってアピールしてる感がちょっと嫌で違和感満載です

もっと子供がどうすれば幸せだとか、人間としてどう大きくなるかとか そういう部分に力をいれた教育にしてほしいですね。本来成熟した社会ってそうなるのでしょうが やはり日本は遅れているんでしょうね。(2016/04/11 12:04)

「絶賛!オンライン堂書店」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本、おもしろかったです。
最近、私学中学の説明会などにいく機会があり 東大コースなんかももうけてみたりなんだかなあとかんじています。
ちょっとびっくり、子供が学びたいものが決まって それが東大にあれば目指すでしょうが学校が東大コースって塾じゃないのだから・・とどん引きしております。それと一緒で海外の大学も、そこでしか学べないものがあればいつか子供が自分で勝手に行くでしょうし 親がお膳立てするものではないですよね。日本て中学じゅけんにしろ、下手すると大学受験まで どこどこにいれるためにというマニュアルを親が!!読むのがちょっと変ですね・親にレールを敷かれる教育ってどうなんでしょう。

今の日本の教育の、グローバルだの海外大学だの東大いけばいいみたいな風潮に田舎っぽさというか 後進国ですってアピールしてる感がちょっと嫌で違和感満載です

もっと子供がどうすれば幸せだとか、人間としてどう大きくなるかとか そういう部分に力をいれた教育にしてほしいですね。本来成熟した社会ってそうなるのでしょうが やはり日本は遅れているんでしょうね。(2016/04/11 12:04)

タイトルが意味深ですね
「親が」子どもの進学先についての意志決定権を握っている
おかしな現実を突いているのかいないのか微妙なタイトルw

子どもが自分の将来をどう考えていくかを後押しするのではなく
親が勝手に決めているだけに過ぎないのに
多くの親はあたかもそれが子どもの意志であるかのように錯覚し
子どもの人生に便乗して(親の)自己実現を図る
結果、子どもの人生を台無しにする>いい年して引きこもりの例
そりゃそうですよ、自分の意志で切り開いた人生じゃないもの。
自分の親も典型例だったな。本に書きたいくらい。
そりゃー、日本だと子育てしにくいでしょうよ。
ヘンな親に育てられた人が、よい子育てができるかといえば、
余程賢い人でない限り、自分の親のやり方を踏襲するのみ。
自分には親のようにはならない、という自信がなかったから
子は持ちませんでしたw

でも、このコメント欄は素敵です。
まともな人もいらっしゃるんだなぁ、
とホッとした。(2015/12/17 20:42)

おそらく、ハーバードという学歴だけを手に入れさせようと思っている親御さんは、そこでどんな教育が行われているのか知らないと思います。親にとってみれば、Harvard DadとかいうTシャツを買ったり、そういう虚栄心を満たされる部分を否定しませんが、しかし教育そのものは日本で軽視されがちなリベラル・アーツ。娘のケネディー・スクールの同級生には卒業後マッキンゼーに勤務し、給料は最初から6桁という方がいます。文字通り世界を股にかける生活をしていますが、彼自身はhappyでないと言う。一方娘はテキサスの片田舎で彼の半分もいかない給料。でも、私は卒業後に「高い給料をとれる」ために高い学費を払ったのではない。 ケネディー・スクールはパブリック・サービスを教える場。 そのバックボーンはどんな職業にあってもためになる。言い換えれば人生の糧になることが目的。(2015/12/16 23:36)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長