• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

騙されていませんか?他行の窓口でも付き添います!

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

2015年9月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回から読む

「振り込め詐欺」の最前線に立たされているのは、実は金融機関の窓口の人々だ。ATMの限度額が下がったため、多額の現金を手に入れるには、直接窓口に行くしかない。現金を下ろすよう手続きをしようとする被害者たちに、「これは詐欺ではないか」と気づかせる難しい役割を、窓口に立つテラー、そして後方業務を担当する金融機関の職員たちが負わされている。

 光が当たることがほとんどない彼ら、彼女らの、振り込め詐欺との戦いを、ベテランの女性行員が、率直に語ってくれた。

(本記事はその性格上、本人の特定につながる部分や具体的な金額を一部伏せております。ご理解いただければ幸いです)

Aさんのお勤めの金融機関で、窓口で振り込め詐欺をブロックする体制というのはどうなっているんでしょうか。

A:X00万円を越える現金支払いについては、全部私たち、ベテランの役席者の判断が求められるようになっています。正直にお話ししますと、60歳未満のお客様でしたら、本人だとご確認できれば承認します。でも、その際に下ろされる目的はお聞きしています。最近、50代の方の振り込め詐欺被害も出ていますから。

なるほど。それでも「自分のお金を下ろすのに、なんで窓口で使途を聞かれるんだ」という、お客の側からの反発があるわけですよね。

意外に「現金でないと」というお客様は多いんです

A:それはもう。ですので、「警察からアンケートへの協力要請がありまして、お願い致します」という持ちかけ方をします。自分が直面しているのは振り込め詐欺ではないかと、気づいていただくためのアンケートですね。

どんなことを聞くのですか?

A:あまり詳しく載せると、「こう書け」と、犯人側に利用されませんか?

ですね、公表は控えましょう。前回もお聞きしましたが、まさかお客さんに「詐欺かどうか確かめてからもう一度来い」というわけにもいかないし、苦しい対応ですね。

A:「警察に相談されては?」くらいは申し上げますが。でもそれだけで「何を大げさな」と怒る方もいます。うちからの通報で、「話を聞きたい」と警察官が自宅に行くと「よけいな気を回すな」と、叱られることもあるようです。

それにしても、今時、高額の現金を下ろしたい人は、基本的に振り込み詐欺の被害者、と思ってもいいくらいじゃないんでしょうか。

コメント6

「窓口戦線異状なし」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック