• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

みんながガンダムの“野望”を持っている

バンダイホビー事業部マーケティングチームリーダー 川口克己さんに聞く【前】

2015年10月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経ビジネスでは10月12日号で「ガンダム 日本再生計画」と題した特集を掲載しています。アニメーションとしてだけでなく、日本経済に、社会に、大きな影響を与えた「ガンダム」を、真正面から取り上げる企画です。

 日経ビジネスオンラインではこれに連動し、企業人へのインタビューの形で同じテーマに光を当ててまいります。今回と次回は、黎明期からのガンプラモデラーとしてあまりに有名な、ガンプラの神様「川口名人」に、バンダイの社員としてのガンダムビジネスとの関わり方をお聞きします。(Y)

川口さんはバンダイで、「おそらく一番、ネット検索でヒットする社員」とうかがっています。それこそ、そこにいる若手社員の清水さんが生まれた頃から、ずっとガンプラと付き合ってきたんですよね。

川口:35周年だからねえ。

清水:バンダイは、自分が遊んだ商品の名前を出すと上司から「あ、それは俺が担当した商品だ」と言われることがよくあるんですが、「昔遊んだガンプラ」はバリバリの「今の仕事」ですからね。こういうのは玩具の世界では珍しいです。

復刻版ではなくて現行品

川口克己・バンダイホビー事業部マーケティングチームリーダー、通称「川口名人」。ガンダムの模型ブーム黎明期に小田雅弘氏、高橋昌也氏と共にモデラー集団「ストリームベース」のメンバーとして模型雑誌や少年誌を舞台に、ガンプラブームの牽引役として活躍し、バンダイに入社。ガンプラのひとつの象徴とも言える「MG(マスターグレード)」シリーズなどを手がける。(写真=的野弘路、以下同)

川口:しかも復刻版ではなくて現行品なんだよね。初代の300円、1/144のガンプラの金型がまだ使える。

35年前の金型を使う、というのは、プラモデルでは普通のことですか?

川口:最初の300円のシリーズは、金型のスペックデータを遙かに超えて使っている状態ではありますね。しかし、お求めになる方がいる限りは、メンテナンスを随時やって寿命を延ばすのが基本姿勢です。過去に1点だけ限界を超えたものがあり、これはもう生産できませんが、他の1000種類あまりのガンプラの金型はずっと保管しています。

 金型はただ置いておくだけだと錆びてくるので、メンテナンスが必要です。普段使っていればメンテも合わせて行っていくことになります。最初のガンダムも毎年ではないけれど、そういう意味では35年間現役なんです。

35年間現役…。

川口:プラモデルに関して言えば、そもそもスケールモデル(クルマや船、飛行機などの実物があるものの模型。ガンプラは“キャラクターモデル”と呼ばれる)ですと、40年とか使っているところもありますよ。金型を作るにはそれなりに大きなコストがかかりますから、可能な限り使い続けるというところでしょうか。

なるほど。それでは、川口さんのガンプラとのなれ初めから聞かせていただけますか。

川口:なれ初めですか(笑)。模型雑誌の「ホビージャパン」さんが、80年6月売り号だったかな、SFキャラクター特集をやったんですね。「帝国の逆襲」のプラモがメインだったんですが、「ガンダムは人気があるらしい。読者投稿でモビルスーツの写真を送ってくる人もいるし、特集に組み込んでみよう」ということになったらしいんです。

あれ? 80年の6月だとまだガンプラは出ていませんよね。

コメント1件コメント/レビュー

話の主旨より、バカにならない税金とメンテ代の金型、持ち続けることの出来るバンダイ、色々「さすが」と感慨深く。/近年のギャン再評価は嬉しい限りですが、まだまだ日の目を見ていないUC年代のMS/MA達も結構あるかと感じます。しかも割りと大人になってから愛着が湧いたMS/MAほど(1stのMA群、ζのガルバルディβとか~以下割愛~、不遇過ぎます)。お話し伺うに何らかの形でいずれ拾って貰えるのかなぁ。(2015/10/13 02:08)

「企業人、ガンダムを語る」のバックナンバー

一覧

「みんながガンダムの“野望”を持っている」の著者

山中 浩之

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

ビジネス誌、パソコン誌などを経て2012年3月から現職。仕事のモットーは「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”記事を書くことと、記事のタイトルを捻ること。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

話の主旨より、バカにならない税金とメンテ代の金型、持ち続けることの出来るバンダイ、色々「さすが」と感慨深く。/近年のギャン再評価は嬉しい限りですが、まだまだ日の目を見ていないUC年代のMS/MA達も結構あるかと感じます。しかも割りと大人になってから愛着が湧いたMS/MAほど(1stのMA群、ζのガルバルディβとか~以下割愛~、不遇過ぎます)。お話し伺うに何らかの形でいずれ拾って貰えるのかなぁ。(2015/10/13 02:08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長