• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

企業に促す「三方良し」への道

国連サミットで採択、17項目の新開発目標

2015年9月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 9月25日、ニューヨークで開催された国連サミットで、「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択された。

 SDGsとは何か——。2016年から2030年までの15年間で世界が達成することを目指す開発目標で、貧困や飢餓の根絶、健康と福祉の促進、水と衛生の確保など17項目で構成されている。2015年が最終年となる「ミレニアム開発目標(MDGs)」を引き継ぐ形になっており、環境対応などの取り組みに加え、社会的課題の解決を意識した活動を促す内容が盛り込まれている。

 国家レベルの取り決めだが、企業活動にも密接な関係がある。経営方針を考える際のガイドラインともなるからだ。SDGsに取り組むことは、企業にとってどのような意義があるのか。経営学者のマイケル・ポーター氏とも親交が深い米ハーバード大学経営大学院の竹内弘高教授に話を聞いた。

竹内 弘高(たけうち・ひろたか)氏
米ハーバード大学経営大学院教授。1946年10月、東京生まれ。米カリフォルニア大学経営大学院(バークレー校)でMBA(経営学修士)を取得。1987年4月に一橋大学商学部教授、1998年4月に一橋大学大学院国際企業戦略研究科長、2010年4月に一橋大学名誉教授などを経て、2010年7月より現職。主な著書に『ベスト・プラクティス革命』(ダイヤモンド社)、共著として『トヨタの知識創造経営』(日本経済新聞出版社)、『日本の競争戦略』(ダイヤモンド社)、『知識創造企業』(東洋経済新報社)などがある。

国際連合(国連)でSDGsが採択されました。企業が経営方針を決めるに当たって、世界の貧困問題や女性問題、教育問題などまで考慮する意義は何でしょうか。

竹内:企業は近年、社会的責任(CSR)への取り組みを進めており、日本でも定着してきました。CSRはもともと欧米からきたコンセプトで、日本では、富士ゼロックス元会長の小林陽太郎さんなどが先駆けとなって、取り組んできたものです。CSRといえば、多くの人は、企業が上げた収益などを元に、寄付をしたり、奉仕活動をしたりといった活動を思い浮かべると思います。

 その次に出てきたのが、今から4年前にマイケル・ポーター教授が提唱した「共有価値の創造(CSV)」という概念です。経営戦略論の大家が掲げたことでCSVは企業社会に大きなインパクトをもたらしました。SDGsは、この延長線上にある概念だと捉えると分かりやすいのではないでしょうか。

企業活動に社会的活動を組み込む

CSVは社会貢献をしながら、経済的利益も上げるというものですね。

竹内:ポーター教授の理論で言うと、企業活動は経済的価値を生み出すだけでなく、社会的価値も同時に生み出すものでなければなりません。これがCSVの概念です。企業活動の根本に「世の中をいかに良くするか」を組み込むのが、ポーター教授の考えです。

 例えば、米国に、「チポトレ・メキシカン・グリル」というメキシコ料理のファストフードチェーンがあって業績を伸ばしています。人気の秘訣は、無農薬栽培など、自然派の食材です。店内はカフェテリアのようなシステムになっていて、どの地域にあるどの農家が作った食材なのかが分かるようになっています。

 つまり、顧客は“農家の顔が見える”自然派食材を選んで食べられる。その行動は同時に、それを作っている農家を応援することになる。まさにコアビジネスに社会的な貢献活動を組み込んでいるわけです。

コメント0

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

「企業に促す「三方良し」への道」の著者

谷口 徹也

谷口 徹也(たにぐち・てつや)

日経ビジネスベーシック編集長

日経ビジネス、日経情報ストラテジーの記者などを経て、2002年日経ビジネス香港支局特派員、07年日経ビジネス副編集長、09年日経ビジネスオンライン副編集長。12年日経エコロジー編集長。14年ビジネス局長補佐。16年1月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

このままじゃ、高級魚のクロマグロばかりでなく、より身近なマグロのメバチやキハダもいなくなる。

高松 幸彦 マグロ一本釣り漁師