• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ガムの売り上げ伸ばしている隙に解任された

ロッテホールディングス前副会長・重光宏之氏が激白

2015年11月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ロッテがお家騒動で再び揺れている。騒動の発端は、2014年末から今年にかけて、日本事業の持ち株会社であるロッテホールディングス(HD)の責任者だった創業家長男の重光宏之氏が、グループ内の26社の取締役を立て続けに解任されたこと。父である創業者の重光武雄氏も代表取締役を解職された。これらはロッテHDの佃孝之社長と創業家次男の昭夫氏(韓国ロッテ会長)らによってなされたという。創業家で役割を分担してきた日韓ロッテグループの経営体制が大きく変わった。

 その後、表舞台にほとんど姿を見せなかった宏之氏が12日に反撃に出た。ロッテHDの佃孝之社長と日本の中核事業会社であるロッテやロッテ商事などグループ4社に対し、損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こした。

 日韓にまたがる財閥の後継者争いは第2幕を迎えた。12日夜、日経ビジネスの単独インタビューに応じた宏之氏は、「社内にいる時間が少なく、その隙に解任された。うかつだった」と語った。

(聞き手は西 雄大)

重光 宏之(しげみつ・ひろゆき)氏
1976年青山学院大学理工学部卒業。78年同大学大学院理工学研究科経営工学専攻修了。78年三菱商事入社。87年ロッテ商事入社。88年取締役。91年ロッテ常務。2001年副社長。2009年ロッテホールディングス副会長。2015年1月に解任された(写真:北山 宏一、以下同)

昨年12月26日にロッテHDの取締役会で副会長の解職が決議された。それまでに動きはなかったのか。

重光:なかった。私は2011年から販売会社であるロッテ商事の社長を担っており、北海道から沖縄まで出張で忙しくしていた。都内にいても取引先や工場に出向いていることが多く、本社で座っている時間が短かった。その隙を佃社長らに狙われてしまった。

 私はこの4年間、自宅で食事をする日がほとんどないほど全国を飛び回っていた。我々の売り上げの柱であるガムの市場規模は年々小さくなり、苦労している。2003年には1200億円ほどあったが、今や720億円にまで縮小している。

 私が思うにガムを食べるのは、移動中などのひまつぶし。そのひまつぶしはスマートフォンに奪われた気がする。ヘビーユーザーからの支持は変わらないが、ライトユーザーが減っているので厳しい。そんな中でも私は営業に力を入れて、ロッテのシェアを毎年かなり高めてきた。売り上げの減少を食い止めるために、営業に加え、新商品の開発などで全国を走り回っていた。

 取締役会で私の解職が決議されたのは昨年の12月26日。臨時株主総会が今年の1月8日だった。でも私は個人的に知っている弁護士がいなかった。年末年始で休暇中の先生が多く、連絡を取るのも大変だった。そんな隙を狙って、佃氏らは私と父を排除しようとしたのだろう。

コメント3件コメント/レビュー

二本には製菓会社は多数あるので、ロッテが無くなっても問題ないですけどね。
ロッテのチョコレートは買わない(買えない)し。。。(2015/11/13 14:32)

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

「ガムの売り上げ伸ばしている隙に解任された」の著者

西 雄大

西 雄大(にし・たけひろ)

日経ビジネス記者

2002年同志社大学経済学部卒業。同年、日経BP社に入社。日経情報ストラテジー、日本経済新聞社出向、日経コンピュータ編集部を経て、2013年1月から日経ビジネス編集部記者。電機、ネットなどを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

二本には製菓会社は多数あるので、ロッテが無くなっても問題ないですけどね。
ロッテのチョコレートは買わない(買えない)し。。。(2015/11/13 14:32)

この争いについて、
「創業者が認知症になって子どもたちが争っているように見える」
という意見を見ました。その辺りを突っ込んで欲しかった。(2015/11/13 13:58)

ジャーナリズムを名乗るなら、こんな一方的な演説の掲載だけでなく、ロッテに関する地下ムニャムニャの話の真偽を問い質すべきではないか?(2015/11/13 12:35)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長