• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

インタビュー 「本来は、アニメは1人で作れるものです」

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

戦争映画で空中戦や逃げ惑う人の描写はよくありますが、ぼーっと見つめる、見惚れると言う表現は珍しいと感じました。現実離れした物を目の当たりにすると別の印象をもつものだと言う事が分かりました。想像だけではこうなるだろうと思っていても実際はもっと別の印象を持つんでしょうね。
核兵器の爆発映像を見てもあの中に自分がいたらと思うと恐怖し、外から爆発を見ると綺麗と印象を持つかも知れない。実際綺麗と思える輝きと棘々しいキノコ雲に変化する様はあまりに非日常で何とも言えない感想しかなかった。この映画からも同じように戦時中の市民は日常と非日常が同居していたんだな、それが戦争というものかと言う感想でした。同じような体験を週末那覇の航空祭で感じました。本土から遊びに行ったのですが、朝からガンガンと離陸するF-15戦闘機。これは航空祭のために飛んでいるのでは無く中国機へのスクランブル発進でした。航空祭で飛ぶ機数と同程度一杯飛び立って行きました。普通の航空祭ではけっして装着しない実弾のミサイルを積んで飛んでいっている様は正に非日常。なのに地上では実情を知ってか知らずかのんびり飛行機見物、屋台で焼きそば、泡盛とお祭りムードの平和な日常の祭り風景。いつもは危険な任務をこなしている戦闘機パイロットも航空祭担当は実になごやかにお客に接している。こんなに沢山飛んで行くのか?聞いたら最近はこれが普通ですとにこやかに言われ唖然。心のなかでは同僚の心配をしているかも知れないがおくびにもださない。この世界の片隅に入り込んだ複雑な気持ちでした。そしてこれが一般人の思う戦争なのかと思いました。すでに沖縄は戦争モードに突入しつつある現実を見て本土に帰った今頃恐怖しています。(2016/12/12)

まずはとても素晴らしいインタビューをありがとうございました。
3回観ました。あと2回は観ます。それほどの映画だと思います。

私も、こんなほんわかしたタッチのアニメーションなのに戦闘場面の迫力に恐怖を感じました。記事を読んで、片渕監督だからこそあれほどのリアリティが出せたのだなぁと実感しました。

学徒勤労動員の女学生の行進や灰が峰に明かりが灯る場面は気になっていたのですが、これは史実に基づいて映像化されているですね、本当に驚きました。

この映画の凄さを理解するには、その多くが観る人の読解力に委ねられているのだと思います。だから観るならしっかり睡眠をとって頭をクリアにしておいた方がいいです、私がそうでしたから。

ひとつ質問があります!晴美ちゃんに、原作にはない「今日は、航空母艦がおらんねぇ」というセリフを言わせています、これは6月22日の呉工廠空襲の伏線なのでしょうか?もしそうだとしたら、片渕監督も怖いです。(2016/12/11)

庵野監督、それを言ったらシンジ君だってウジウジしてて首絞めたくなりますよ。(絞めた側ですが)
それはそうとこの作品の感想として、従来の戦争の悲惨さを強調した作品を否定するような論調が目立つのが気になります。さらに飛躍して「戦争は悲惨じゃない」みたいなことを言い出す人が出てきそうで。(2016/12/09)

記事内容についてではないのですが。

庵野氏が「首を絞めたくなった」のは、
女性としてのすずさんへの、氏としての最上級の賛美ではないかと思います。
氏の某映画のラストからは、そのように感じてなりません。(2016/12/09)

 灰ヶ峰には確か巡洋艦から外した15.5サンチ三連装砲が対空砲として設置されていたと記憶しています。よくあんなところまで持ち上げたと、感心していました。
 庵野監督なら、確かに首絞めそうですね。(2016/12/09)

私は、呉出身です。小学校の時から平和教育でいろいろなことを聞かされてきました。そして、4ページ目のネタバレのところ。あれは、事実ですね。空襲があったとき、最初は、「その飛行機の光景に見とれていた」と多くの方が、証言していたのを記憶しています。B-29の編隊は、不謹慎ですが、太陽の光を浴びて、光り輝いていたのではないでしょうか?とても不謹慎ですが、そこから、飛行機に興味を持ち、大学では、航空宇宙学を専攻しました。運命の巡り会わせか、戻ってくるつもりはなかったのですが、現在は、広島市で働いています。(2016/12/09)

今年87歳になる母は少女時代を呉で過ごしました。私はまだ観ていませんが、母に見せたい映画だなと思いました。(2016/12/09)

ネタバレへの配慮素晴らしいのですが、せっかくこれから見ようと思っていた片渕監督の前作のクリティカルなネタバレが唐突に出てきたのが残念です。
インタビューの内容は素晴らしいだけに、尚更、残念でした。(2016/12/09)

 なるほど「精神世界」を描くということか。
 これまでのようなただ悲惨、ただ大変だったという、単に印象だけで描かれた戦争ではなく、ようやく戦争のリアルが描かれた、本当に意義ある作品だと思える。
 そしてぎりぎりのリアルに迫ることができた安心感と同時に、昭和の半分がいよいよ歴史となり、過去へと過ぎ去っていく区切りのようなものも感じ取れる。
 これからの世界を主導していく人たち(プーチン1953生・小池都知事1952生・習近平1953生・フィヨン首相1954生・エルドアン1954生・テリーザメイ1956生・Sジョブ1956生)は、みんな戦争の直接の災禍に見舞われたことはない。
 次の世界はどうなるのだろうか?(2016/12/09)

前評判を知らないまま、ちょうど時間があったので、広島八丁座の夜の会で観ました。
衝撃でした。観終わったあとも、いろいろな感情がごちゃまぜになって、翌日また観に行きました。
それでもまだ自分の中にある感情をうまく言語化することが出来ずに、モヤモヤしてます。
2回観て、原作を買って読み、監督のネットで公開されてる日記をよみ、この記事も読んで
確かに映画の中ですずさんの存在を、生きていると感じてた、そしてすずさんと一緒に体験した、
そういうことなんじゃないかって、思い始めています。
この作品を作ってくださった原作者のこうのさん、片淵監督、かかわったすべての人に、感謝です。
本当に素晴らしい作品をありがとう。また今度は家族を連れて観に行きます。(2016/12/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長